ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【NOVEL】 盲目の理髪師

盲目の理髪師
著者:ジョン・ディクスン・カー
出版社:東京創元社(初版1934年)
翻訳者: 井上 一夫
発表年:1962年
原題: 井上 一夫
形態:文庫
単行本:なし
他出版社:なし
ジャンル:ミステリー
シリーズ:ギデオン・フィル博士


【あらすじ】
大西洋をイギリスに向かう豪華客船の中で二つの大きな盗難事件が、そして引き続き奇怪な殺人事
件が発生する。 なくなった宝石が持ち主の手にもどったり、死体が消えたあとに血まみれのカミソリ
が残っていたり……。 

0

【NOVEL】 ポンスン事件 著:F・W・クロフツ

ポンスン事件
出版社:雄鶏社(初版1950年)
翻訳者:井上 良夫
発表年:1921年
原題:The Ponson Case
形態:おんどりみすてりー・シリーズ
単行本:なし
他出版社:東京創元社
ジャンル:ミステリー
シリーズ:ノンシリーズ


【あらすじ】
誰がポンスン卿を殺したか? 容疑者は3人いた。 ミステリの愛読者ならば、冒頭のたった1行のヒント
から犯人を推定しようとするだろう。 しかし、タナー警部の捜査が進むほど、事件は二転三転、思いも
よらぬ複雑怪奇な様相 に。

2

【GAME】 The Elder Scrolls V: Skyrim 中間報告

スカイリム

GW前からはまっているちょっと古いですがオープン・ワールドRPGのスカイリムです。
GWはレトロゲームをと思っていましたが結局やり始めたら辞められず
ずっとプレイしていた次第です(^^;
プレイ日記でもと思ってましたがその時間も惜しいと感じるほどで結局プレイ日記は
つけず今回のような中間報告という形にしました。
知らない人はカプコンんさんがまねした『ドラゴンズ・ドグマ』をイメージしてくれ
れば・・・
そもそもPCでの人気シリーズだったようですね、本編はあるものの本編を一切進める
必要も無くスカイリムという世界を何でもできます。
サブクエストというか本編とは違いギルドクエストが何種類も結構なボリュームで
存在し各ギルドの仲間になり盗賊家業にいそしむも殺し屋稼業にいそしむも自由です
それ以外の細かいサブクエストやフリークエストも存在しランダムクエストなど
様々です。
自由度は限りなくグランド・オート・セプトのように村人や町の人を攻撃できます
一部無敵のNPCが居るようで村全滅というふうにはできないようです
ただ見つかると懸賞金がかけられ襲われるようになったり衛兵が無限に現れ襲ってき
たりします
盗賊・暗殺もそうですけど隠密行動で見つからなければOKなんですね(--;
そんなスカイリムの世界をドラゴンボーンNMUNEKOとして暗躍じゃない活躍中です。

0

【NOVEL】 製材所の秘密 著:F・W・クロフツ

製材所の秘密
出版社:東京創元社(初版1979年)
翻訳者:吉野 美恵子
発表年:1922年
原題:The Pit-Prop Syndicate
形態:創元推理文庫
単行本:なし
他出版社:なし
ジャンル:ミステリー
シリーズ:ノンシリーズ


【あらすじ】
シーモア・メリマンは商用の途次に立ち寄ったフランスの製材所でふと不審を覚え、帰国
後クラブの喫煙室で披露に及んだ。聴き手の一人ヒラードが非常な興味を示し、密輸で
はないか、調べようと提案、二人は休暇を利用して危険に満ちた探索に乗り出した。疑
惑は深まるものの決定打を欠く膠着状況が意外な形で打ち破られるに至って、遂にメリ
マンは警視庁を訪れ経緯を明かすが…。


該当の記事は見つかりませんでした。