FC2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
4

【NOVEL】 ナイルに死す

book451.jpg
著者:アガサ・クリスティー
翻訳者:加島 祥造
出版社:早川書房(初版2003年)
発表年:1937年
原題:Death on the Nile
形態:クリスティー文庫
単行本:なし
他出版社:新潮社
ジャンル:ミステリー
シリーズ:エルキュール・ポアロ


【あらすじ】
美貌の資産家リネットと若き夫サイモンのハネムーンはナイル河をさかのぼる豪華
客船の船上で暗転した。突然とどろく一発の銃声。サイモンのかつての婚約者が
銃を片手に二人をつけ回していたのだ。嫉妬に狂った凶行なのか?・・・・だが事件
は意外な展開を見せる。船に乗り合わせたポアロが暴き出す意外な真相とは?


実に登場人物が多くまたエピソードの多い作品です。それぞれの思惑を胸に乗船し
た死んだリネットの関係者達、それによりいろいろなことが重なり合い事件は一見
複雑化します。
人物描写が凄くまとまっていて読み応えがありました。
また真相に向かう過程で容疑者達は殺害が可能でした。
そしてもっとも動機が十分の人物は殺害が不可能でしたいったい誰がリネットを殺
したのか、またその方法とは?
読んでいてもいっこうによめない展開で多数の登場人物に多数の伏線にダミーたち
より読者の推理を混迷させす。
でも真犯人が割れたときなるほどと納得できました。
ある面ではこの犯人を示唆するシーンは確かにあったんです。
映画化されるほどの作品だけはあるこのトリックあなたも挑戦してみてはいかが?

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ


ブログランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

SION says..."こちらこそ~はじめまして"
はじめまして~
コメント&トラックバックありがとうございます♪
この記事に関係はないですが・・・・挨拶をさせていただきますね^^
本がお好きなんですね!
私も読書は好きなんですが、残念ながエアここのところすっかり活字から遠ざかってしまっています。
これを機会にお互いに映画や本の感想などお話できると良いですね。
では、また覗きに来させていただきますね。
2012.12.12 05:46 | URL | #- [edit]
nemurineko says..."SIONさん今晩は"
コメントありがとう(^^)

読書・映画・ゲーム大好きです。完全にインドア派ですね、SIONさんも
映画だけでなく読書もなされてるんですね、同じ見て読んだ作品のお話
が出来たら嬉しい限りです。
また遊びに行きますね
2012.12.12 20:55 | URL | #- [edit]
ミステリファン says...""

映画「ナイル殺人事件」は豪華キャストで話題になりましたが、大物女優のジェーン・バーキンが何とメイド役で登場。気の強い女性というイメージがある彼女が、ひかえめなメイドを演じるなんて、意外。しかも映画を見ると、本当にメイドらしく見えるんですね。
2019.10.18 17:13 | URL | #2MKxsxMs [edit]
ねむりねこ says..."ミステリファンさんコメントありがとうございます"
ナイル殺人事件は鑑賞しています。豪華なキャスティングでしたね
マギー・スミスさんは次の「地中海殺人事件」にも出演してました
ジェーン・バーキンさんがメイド役というのもすごいキャスティングですね
2019.10.18 21:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/1026-0341d254