fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【プレイ日記】 英雄伝説 ガガーブ トロジー 朱紅い雫 PSP版 1章 王都の冒険者

geme2107.jpg
メーカー:バンダイ(現:バンダイナムコゲームス)
プラットフォーム:PSP
プレイキャラ:アヴィンLV8 マイルLV8 マーティーLV8 ミューズLV8
BOSS:山刀使い×2、呪術使い×3


白き魔女もクリアしたので朱紅の雫を始めます。ガガーブトロジー2作目に当たりま
すが時系列では白き魔女よりもかなり昔の話になるようです。
今回はガガーブの切れ目から西側のエル・フィルディンが舞台となります。
同じ大陸でもガガーブにより寸断されこの時代の技術力では超えることのできない
大きな障害になっています。
このときだとお互い亀裂の向こう側には文明があり人が住んでいると信じられてい
ます。
実際に文明は栄え人が生活しているのだけどお互いを目にしたことがないのでわか
らないという感じですね、そんなエル・フィルディンで主人公と妹が生き別れてしま
います。
主人公は生き別れた兄のほうで大きく成長し親友と共に妹捜しのたびに出かけると
いうストーリーです。
オープニングでもわかるようにどうやら聖なる神と邪悪なる邪神がいるようでどうや
ら妹は重要な鍵を握っているようです。
悪の神官が狙っているのは妹のアイメルのようです。
賢者に育てられたアヴィンはずいぶんとワンパクに育ってます。
17歳になったアヴィンは親友のマイルと共に村を出て妹捜しの旅に出る決意をしま
す。
まずは王都フィルディンに向かいます。
ここから次の場所に移動するには自由に行動できる冒険者になるのがいいと言うこと
になりギルドに向かい3つの試験を受けます。
2つ目のぬいぐるみの創作は熊のぬいぐるみのバンバンを水路に落とした少女の依頼
です。
クマのバンバンといえば白き魔女にも出てましたね、ジュリオ君はクマとイヌの見分け
がつきません(笑)
その過程でマーティーが仲間になり2つめの依頼でミューズが仲間になりました。
マーティーは黒魔法と剣を使いますが基本的に文学青年なので力よりも魔力よりです
ミューズはツンなお嬢様で以後デレるのか楽しみなところです。
シェラ姐とおなじく鞭使いです。
でもムチの有効距離は剣と同じでした・・・またミューズは精霊魔法が使えます
使用MPが高いですが威力は抜群です。
今回うれしいのはコマンド選択のターンせいになりました。
空の軌跡シリーズに近づいてますね(--)
3つの試験で合格し晴れて冒険者になりました。
早速チブリ村に向かおうとしましたが・・・どうやらミューズも目的地が同じみたいで
ついてくると言います。

チブリ村付近まで行くとイベントが起こります。
シャムシール団が村を占拠したそうです。
彼らの要求は『生命の書』という本だそうで王都に戻って図書館に本を探しにいきま
す。
どうせ読めないんだから偽物でよくない?
ということで偽物を用意します。ちなみに内容はラブロマンスだそうです(笑)
戻ると将軍が・・・お怒りの様子ですがミューズを見て怒り心頭!
そうミューズの正体はお姫様でした。
ツンツンした高飛車な女という感じですが民の危機と言うことで王族らしい対応をし
ます。
将軍を囮にしてアヴィンたちが人質を解放する手はずでしたが敵もやるもので女首
領は保険として一人の少女を連れていました。
私が最も嫌悪するタイプの少女です。
もういいから突入しちゃえよって思いましたが(^^;
まあそうはいかずに彼女のせいで調子がくります・・・ま~うざい
作戦に失敗した盗賊団は逃亡を謀ります。
逃亡先はジジキ洞窟と判明し軍隊を動かすとばれてしまうので今回も冒険者たちで
救出に向かいました。
救出しなくてもいいけどどっちにしろシャムシール団は逮捕しないといけないからつ
いでです。
洞窟内は敵が強くなってるのでlvをあげつつ慎重に進みます。
ディフェンダーという盾が宝箱にあるので回収して装備しましょう
奥まです数とイベントが始まります。
少女は相変わらず戯言を言っていて女首領も調子を崩してます。
そんなすきに突入して少女を助けるのでした。
残念ながら女首領には逃げられましたが部下たちとは戦闘になり倒してしまうと逮捕
します。
助けたマイルは少女に気に入れら待ちわびた王子様だと断定してうざいです(--;
チブリ村に自動で移動しイベントは続きました。
チブリ村の右上の出口からディナーケンの館に向かいます。
右上右上という感じで進んでいくとつきますよ、途中宝箱が何個かあります。
館に赴きディナーケンにあるものを渡します。
またアイメルの行方など聞き出そうとしますが肝心なことは教えてくれませんでした
アヴィンは自分の覚悟が決まっていないそれをミスかさえ得たからだといったん戻
って頭を冷やして出直すことにします。
帰る途中でイベントが発生し黒髪の女性と粗暴な男が現れました。
アヴィンが持っていたあるものを渡せと迫られます。
固辞すると女性にバインドの魔法で麻痺させられてしまいますが本当に持っていな
かったので去って行きました。
そんな二人をあの少女の父親が助けてくれます。
アヴィンが目を覚ますと少女が自分お手柄のようにマイルに話していました。
全くもってうざいですな、そんな少女を尻目にあの二人組を追うことにまた戻ると約
束して少女がついてこないように牽制しておきます。
ディナーケンの館に向かうとディナーケンがちょうど二人に迫られているところでした
ちょうどいいタイミングで突入してイベントですが二人を追い返します。
ディナーケンはそんなアヴィンに感銘を受けすべてのことを話して聞かせてくれまし
た。
やはり聖なる神と邪神の戦いからその中で生まれたドゥルガート言う精霊のこと
アイメルはそのドゥルガーの娘と呼ばれる存在であること・・・
アヴィンはそれを聞いても妹を探し出し守ることを誓うのでした。
村に戻り一応約束だからと少女の家に向かうと・・・彼女もマイルと旅をすると旅支度
をそれを見た両親は止めるどころかあの少年は気に入ったから是非などと言ってい
ます
マイルは慌ててもう逃げだそうとアヴィンと一緒に見つからないうちに逃げ出しちゃ
いました。
でもあの様子だと旅先まで追いかけてきそうな気がしますね~

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


ブログランキング ブログランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/1371-c84cedfc