fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【GAME】 コズミック・ファンタジー 冒険少年ユウ

geme2309.jpg geme2310.jpg
発売日:1990年
メーカー:日本テレネット
ジャンル:RPG
対応機種:PCエンジン CD-ROM2


CD-ROM2発売当初数少ないRPG作品の一つでハドソンさんの『天外魔境ZIRIA』とこの
ソフトのみでした。
RPG好きとしては物足りなかったのでこのソフトが出たときは喜んだのですが・・・
とにかくエンカウント率が鬼レベルで10歩も歩かないうちに敵が出るのでうざいです
レベル上げのときはいいけど移動時やダンジョンでは全然先に進みません・・・
行き止まりだったり道を間違っていたりしたらもう大変(笑)
システムも含めてSFではあるけどオーソドックスなドラクエタイプのRPGです。
日本テレネットさんとしてはPCエンジン最初のゲームで天外魔境で話題になったアニメ
ーションイベントをパワーアップさせています。
以後日本テレネット系列と言えばアニメーションというイメージがつきます。
ストーリーはコミカルでアニメを意識した内容で主人公とヒロインが出会い一緒に旅を
しながら恋愛感情が芽生えていくというまさに王道なストーリーでした。
人物のキャラクターは越智一裕さんが担当されていますが企画・シナリオ・監督もこな
していたようです。
PCエンジンと言えばHに寛容なハードでこのシリーズでもヒロインのシャワーシーン
でのポロリはお約束となってます。
話も面白いだけにエンカウント率の高さがやる気をそぎとても残念です。
このゲームは当時クリアしましたが以後4作品制作されましたが鬼レベルのエンカウン
ト率は改善されないままでした。
なので2は挫折して後のシリーズはプレイしていません・・・

geme2311.jpg geme2312.jpg

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


ブログランキング ブログランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

Deka-E says..."お色気しか記憶に残ってない(笑)"
エンカウント率そんなに高かったでしたっけ?エンカウント率のことを忘れるくらいお色気シーンのイメージが強いです(笑) いつの間にかコズミックファンタジーのお約束シーンになってましたね。

アニメは今だと紙芝居と言われそうですが、声優の生音声が聞けるというだけで臨場感がありました。声優の生音声をふんだんに取り入れたのはこの作品が初めてだったんじゃないかな。

シリーズは1~3までプレイしました。ゲームシステムには悪評価もありましたが、キャラクターはなかなか魅力的だったと思います。アニメ要素のウェイトが高いゲームでした。
2013.10.04 01:47 | URL | #- [edit]
ねむりねこ says..."Re: お色気しか記憶に残ってない(笑)"
エンカウント率は高かったですよ~でも私がこれまでプレイしたRPGの
エンカウント率のなかではまだましな方ですけど(^^;
そうですね、このゲームもそうですけどPCエンジンはHに関しては寛容で
したよね、サービスシーンはたくさんありました。
だから男性に指示されていた機種なのかな?(笑)
アニメにしてもこの時代は紙芝居風でも凄いことでしたから、静止画とは
いえ吹き替えの台詞がアルだけでも雰囲気が出ました。
今見ると凄くちゃちではありますけど、調べたら4は2部構成で2本制作さ
れてますね・・・3が手元にあるのだけど・・・(^^;
2013.10.05 16:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/1436-21e9a067