fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【プレイ日記】 英雄伝説 ガガーブトリロジー 『海の檻歌』 PSP版 【5章・闇に向かう狂詩曲】

amarec20131008-202448.jpeg
メーカー:バンダイ(現:バンダイナムコゲームス)
プラットフォーム:PSP
プレイキャラ:フォルトLV35 ウーナLV35 ジャンLV35 マクベインLV35 アイーダLV35
BOSS:カルニコス×2、アイボール×2


キャプテン・トーマスにおくってもらったのはゲザルグの村です。
すでに帝国に支配されているようで子供と老人しか居ません、もちろん働き盛りの
男性女性はかり出されて木人を製造している工場で働かされているようです。
彼らをこき使うためのいわば人質が村に残っている子供と老人ですね・・・
アイーダの人形がここにある可能性は非常に高いです。
それがわかっていても海から侵入したからよいけど兵士の警備が厳重で村から出れ
ません、海は手薄だから海からって訳にはいかないのかしら?
村の中に入ると一人の少年が帝国兵がいるからと忠告してくれます。
そのまま北西に進むとイベントが子供たちが兵士にお母さんを帰せと訴えています
しかし子供相手に突き飛ばしたり相変わらず帝国兵はクズですね、見かねたアイー
ダが真っ先に飛び出して兵士にぶちぎれます。
村長がやってきてそれはもう腰が低く謝り倒して賄賂まで渡してことを納めちゃいま
す。
子供に見せるべき姿ではない情けない姿ですが・・・実際子供と老人だけで彼らを守
るためには仕方が無いことなのでしょうね
game_00305.jpeg

北西の一軒家下りの階段が見える家が村長の家です。言ってみると村に入った時に
出会ったキシュカという少年と村長が言い争いをしています。
情けない村長の姿を見て自分で両親を助けに行くと飛び出しちゃいます。
村長にことのいきさつを聞くことができます。
この村の先にあるクルダに彼らの両親や働き盛りの若者が連れて行かれているそう
です。
またこの村を守りながらエクトルという追放された王族の人からの連絡をまっている
そうです。
今の皇帝が彼を陰謀で追放し自分が皇帝になったそうです。
エクトルはクルダに潜入しているそうでね、こちらもアリアという女性の救出と人形の
奪還が目的であることを伝えそのために村から出たい旨を伝えます。
村から出る方法を考える代わりについでに様子を見てほしいと頼まれます。
町の南東にキシュカが居ます話しかけるとすっかり村長にたいして怒ってます。
game_00307.jpeg

村長の家の南にある2軒の家がありますが左の家に行くと2人の子供がおばあちゃ
んにお母さんに会いたいと訴えています。
見かねたアイーダが操り人形と腹話術でミニコンとを見せて子供を慰めていました
そこへキシュカがやってきてマック爺さんは彼らの姿を見せてそっと諭すのでした
軽はずみな行動は慎みなさいと、キシュカは素直に村長に謝りに行きました。
game_00308.jpeg game_00309.jpeg game_00310.jpeg

アイーダは本当にいい子ですね~本編の一番のお気に入りです。
ここでアイーダが抜けて行動します。
村の出口に様子を見に行くとやはり厳重な警備でした。
村長の家に行くとアイーダが居てどうやら何か思いついたようです。
糸を用意してほしいということで2人の子供が居る家に行くと糸をもらえます。
村長の家の地下へ行くと木人兵が。。。でもアイーダが作った物みたいです
糸をつけて感性ですね、その木人を暴走させ兵士が追いかけていったすきにという
作戦ですね、
game_00311.jpeg

まんまと抜けてクルダを目指しますが敵は木人兵ばかりで攻撃力が高いのであっと
いう間に体力が減るので注意が必要です。
クルダにつくと忍び込みますが結局ばれてしまいます。
おまえらは誰だ的な展開になる前に助け船が・・・なんとパルマン隊長でした。
なぜこんなところに?
といってもその理由はもう一つしか無いのですが(^^;
新人で頼み事をしていたということにしてくれました。
game_00312.jpeg

しかし見つかったことには変わりが無いのでふりをしていかないといけません、フォル
トは報告書を集めることになります。
1階の部屋に居る兵士たちに!マークがついてるので話しかけると報告書がもらえま
す。
階段の兵士に話しかけると2階の兵士に報告書を渡すことに、2階に上がるとアイーダ
現れ人形があったと連れて行かれます。
なにやら改造されなにやら怪しげな姿に・・・そこへベルがー大使やってきて・・・
アイーダは焦りますがみんなそろってしっかり計画を立てて奪回しようということに落
ち着きます。
大使が居なくなった後隣の部屋に行って兵士に話しかければ今日の仕事は終了と言
うことになりますよ
game_00313.jpeg game_00314.jpeg

動かせるようになったら交換屋の横の階段を降りるとパルマン隊長が居ます。
そこで彼がエクトル王子であることを教えてくれました。
知ってましたけどね(^^;
そして体調不良やけが人が多いと言うことで村長が持っている薬があれば直ぐよくな
るそうです。
自由のきくフォルトたちが村に戻ることに、といっても隠し部屋からですが・・・
ということはいつでも誰でも逃げらるのでは?
まあナンの解決にもなりませんが・・・
game_00315.jpeg

クルダからは交換屋の西側の壁に木の扉がありそこから出ることができます。
ゲザルクに戻るとキシュカが出迎えてくれました。
心配していましたが隠し扉を作ったみたいです。
村長の家に行き現状報告をしエクトル王子と出会ったこと村人たちは元気だけど
一部体調が悪い人たちが居ることを報告しました。
長老の家の真下の家に居るおじいさんからロイヤルハーブをもらいさいどクルダへ・・・
game_00320.jpeg game_00321.jpeg

自動的にクルダへ戻されますが交換屋の地下に行くとエクトルが隣の木人工場
に抜ける地下道を作っていました。
ロイヤルハーブを渡しクルダの南の鏡の洞窟にある共鳴石を取りに行きます。
鏡の洞窟は踏むとオンオフができるスイッチが左右に同列配置されています。
鏡の洞窟と言うことで右側のスイッチと対称になるように左側を踏みそろえれ
ば先に進めるようになります。
同様の仕掛けが続けて3回ありますよ、3回目は宝箱も対称にそろえないといけ
ません、最深部には鏡があり鏡を調べて少し戻ると鏡の中のフォルトアたちが襲
ってきます。
倒すと鏡の共鳴石をもらえます。
どうやらあらゆる魔法を跳ね返す魔法のようですね、回復魔法とうも反射しちゃう
ので使いどころは無いと思います。
クルダに戻るとエクトルが居てゲザルグに木人兵を派遣されたと聞きます。
大使に先手を打たれたようですね、エクトルも救出に向かうと申し出ますがこち
らで何かあると悪いのでフォルトたちだけで向かうことになります。
ゲザルグの村に入ると木人がうろうろしてますね、住人たちはキシュカの家に
隠れています。
いったん話をしてから村に居る木人を倒してキシュカを訪ねると話が進みます
どうやら本体が来ていないと言うことで裏の裏をかかれた模様なかなか曲者です
ね、エクトルを残して正解です。
game_00323.jpeg game_00324.jpeg game_00325.jpeg game_00326.jpeg

クルダに戻ると捕まった村人たちと兵士が戦っています。
見てるとじゃれてるように見えますが(笑)
交換屋の地下に行くとエクトルが居ます。もう少しで向こうと繋がると言うことでマッ
ク爺さんの出番です。
ロッククラッシュで破壊して工場内に、ここでエクトルが仲間になります。
でも直ぐにイベントで居なくなるので戦闘メンバーにはしない方がいいですね・・・
正面の扉に入り機械を壊します。
2階の右端に行くとブレガーがいます。
共鳴石混乱を装備した共鳴木人兵1体と共鳴石の魔法で操られている村人たちが
エクトルを攻撃しますが、絆を信じるエクトルは無抵抗です
そして村人たちは正気に戻りエクトルと一緒に避難します。
付け焼き刃の魔法では人の絆は断ち切れないとマック爺さん、共鳴木人兵を倒
すと共鳴石の戸惑いが手に入ります。
2階のカプリの居る部屋に行くとブレガーといよいよ対決です。
なんか変身しました・・・ちょっと苦労しますが倒すと先に地獄で待って居るぞ
マクベイン一座!といってカプリを起動させてしまいます。
何とかアイーダはペドロと一緒に彼を助けよとしますが・・・
破壊されたカプリは一言アイーダとしゃべります・・・とっても悲しいイベントですね
心を込めて作られたカプリ、改造されても頭がそのままの時は人を敵と認識しま
せんでした。
2体の人形が壊れたアイーダは悲しみに暮れますが・・・
game_00329.jpeg game_00330.jpeg game_00332.jpeg

流石のアイーダも元気がありませんが戦いが終わったわけではなくアリアも以前
とらわれたままです。
気丈にも気持ちを入れ替え偽木人作りを始めます。
次の町でも以前木人を使った作戦と同じ作戦で侵入するつもりです。
エクトルもゲザルグ・ゲルダを解放したけどアリアを救出するために同行すること
になりました。
プカサスまでの道のりは結構長いです。
町につくと偽木人が暴れているので計画どおり戦闘になります。
しかしやってきた隊長が思いのほか優秀でばれそうになりますがフォルトたちの泣き
落としなどで兵士として雇われることになりました。
まずは食堂の配膳係から、兵士の服は一着しかなくサイズ的にもフォルトが着ること
になります。
game_00333.jpeg game_00334.jpeg game_00335.jpeg game_00336.jpeg

厨房のテーブルの載っている料理を調べると取れるのでゼノン指令に料理を運び立
ち聞きします。
マリアはかたくなに帝国の要求を無視しているようです。
その後再び厨房の戻り料理をとりネクロスに持って行きます。
この容量でナレサ隊長にもっていきそして町を南に出た先の橋を渡った研究所に
持って行きます
出る時に本を持ってきてくれと頼まれるのでネクロスが居た部屋の西側に行くと図書
館があります。
本を持っていき戻ると今日の仕事は終わりということになりますよ
game_00337.jpeg game_00338.jpeg game_00339.jpeg

ナレサ隊長の下へ兵士がやってきて共鳴石を取りに行った兵士がまた怪我をしたと
言うことでこれ見よがしに隊長はまた計画を練り直さなくてはと嘆きます。
どうにもこれまでの待遇も含めてフォルトたちの正体を知りながら厚遇しているように
思えます。
一般人を新兵にして城内をうろうろさせるのもなんかね・・・
早速城の地下の泥濘洞窟に降りていきます。
ここは至って単純で泥の道はそばのレバーを引けば渡れます。
引かないとダメージを受けながら進み流されて戻ります。
最深部には泥濘の共鳴石が・・・
戻ると褒美は何がいいと聞かれるので牢屋番を頼みます。
牢屋に行くとアリアが居ますが話しかける前にゼノン指令がやってきてしまいます。
なかなか力を見せないので闇の太陽で魔物を作ったのを見せるといいだします。
連れて行かれるアリア・・・パルマンは助けたくて仕方が無いようです
どうやらアリアに対して・・・ちょっと見え見えですね(笑)
気が焦っているパルマンは結局十字架にかけられたアリアを助け出そうと勝手に動
いちゃいます。
仕方なく戦闘になりますがイベントでした。
実際に戦闘にはなりません、しかしそこに闇の太陽がまた暴走気味になり雷が襲い
出します。
結局捕まって牢屋に居たフォルトたちは慌ててアリアの下へ・・・
その途中で皇帝が死亡・ゼノン指令とネクロスもあっさり雷に撃たれて死亡・・・
あまりにあっけない悪役の退場になんか肩すかしです(--;
game_00341.jpeg game_00342.jpeg

そして闇の太陽から生まれたボスと対戦です。
カルニコス×2、アイボール×2ですね、アイボールは復活するので無視してカルニ
コスを先に倒しましょう、ちょっと苦戦しましたが倒すとトーマスたちが合流します。
5章では帝国が崩壊し明確な悪が居なくなりました。
しかし闇の太陽が活動を開始したのでこれからが本番と言うことでしょうね~
game_00343.jpeg

game_00344.jpeg

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


ブログランキング ブログランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

マリー says...""
キャプテン・トーマスの曲もいい曲ですよねぇ。
PSP版は曲も使用されていないのや、PC版とは使われる場面が違うなど色々あるようですね。

アイーダが相変わらずかわいくて可愛くて、スクショの「やっほー」の部分はついまじまじと見てしまいますね!!
ねむりねこさんもお気に入りですか!!
分かります、とても。ガガーブというシリーズ通してもかなり好きなキャラです。
それゆえにカプリのイベントは悲しさも倍増というか…

パルマンのアリア助けたい一連のイベントは、申し訳ないですがプレイ中笑ってしまいました。
落ち着けよ!!と思わず心のなかで何度ツッコミを入れたか(笑)
2013.11.04 05:51 | URL | #1JkepbtE [edit]
ねむりねこ says..."マリーさん今晩は"
海の檻歌一気に終わらせました~面白かったです。白き魔女をクリアしてるだけに
この後どうなるかわかってるだけにつらいですね~
音楽に関してはメーカーがバンダイさんということもあり選曲が違っているので
しょうか?
PC版は知らないのでよくわかりませんけど、キャプテン・トーマスの音楽もいいで
すよね、ファルコムさんはサウンドも素晴らしいからプレイが楽しいです。
アイーダはいいですね~こういう元気娘は好みのキャラですよ、ファルコムさんの
ゲームは元気っ子が多いです。
パルマンは肝心な時に理性を失って何してるんでしょう、確かに愛する人が身動き
できなければ焦りもするのでしょうが・・・

2013.11.05 00:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/1477-d8e1b4b6