fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 イヴの総て

イヴの総て
【制作年】1950年
【鑑賞】DVD
【制作国】イギリス
【上映時間】139分
【原題】ALL ABOUT EVE
【配給】20世紀フォックス
【原作】なし
【監督】ジョセフ・L・マンキウィッツ
【出演】ベティ・デイヴィス / アン・バクスター / ジョージ・サンダース / ゲイリー・メリル


【あらすじ】
ある日、新進女優イヴ・ハリントンはアメリカ演劇界の栄えある賞に輝いた。だが、彼女がここまで上り
詰めるには、一部の関係者たちしか知り得ない紆余曲折の経緯があった。8ヶ月前、田舎から
ニューヨークへ出てきたイヴは、ひょんなことから憧れの舞台女優マーゴの住み込み秘書となった。
するとイヴはこれを皮切りに、劇作家や有名批評家に巧く取り入り、マーゴまでも踏み台にしてスター
女優へのし上がっていく…。

1950年のアカデミー賞を総なめにした名作ですね、映画業界の皮肉と女優の世代交代に焦点を当てた
作品になっています。
現在の芸能界にも当てはまる部分も多く楽しめました。
またこの世界の大変さもうかがえますね、現在の地位をどう維持していくのか下からの突き上げにどう
対処するのか、そして世代交代に成功したときにはもうすぐ自分がしたから追われる実になっている
わけで・・・
そんな女優という世界にイヴという女性が飛び込んできます。
マーゴという大女優の秘書になった彼女はそこから彼女を追い落とし自分が女優の道に進むために
あらゆる手段をとります。
その貪欲な姿がまた不快感を与えますが自分の夢に対してあらゆる代償を払っていく姿に鬼気迫るもの
を感じさせられます。
そしてあらゆる代償を払い女湯として確固たる地位を築いたとき・・・
もちろんこの作品は追う側のイヴを中心にしていますが追われるマーゴの心情もしっかり描かれており
ます。
この世界では結局この繰り返しで成り立っていると感じさせられました。
『イヴの総て』とはよくつけたタイトルですね、まさに芸能界の総てという感じです(--;
追うか追われるかその戦いが 私たちがTVや劇場や映画館で見ている裏の世界なんでしょうね~
マーゴの秘書になった頃の初々しいイヴと最後大切な何かをなくし取り返しのつかない後悔を
胸に秘めたイヴの姿が対照的でした

movie_00023.jpg movie_00024.jpg

ブログランキング ブログランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/1563-83bec0d4