fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【NOVEL】 ヒッコリーロードの殺人 [著]アガサ・クリスティ

ヒッコリーロードの殺人
【著者】アガサ・クリスティ
【翻訳者】 高橋 豊
【出版社】早川書房(初版2004年)
【発表年】1955年
【原題】Hickory Dickory Dockr
【形態】クリスティー文庫
【単行本】なし
【他出版】 -----
【ジャンル】ミステリー
【シリーズ】エルキュール・ポアロ


【あらすじ】
外国人留学生の多いロンドンの学生寮で盗難騒動が次々と起き靴の片方や電球など他愛の無いも
のばかりが盗まれた。が、寮を訪れたポアロは即刻警察を呼ぶべきだと主張する。そしてその直後
寮生の一人が謎の死を遂げる。はたしてこれらの事件の裏には何が?

この事件の始まりはポアロ自慢の完璧な秘書レモン女史のたわいもないタイプミスからでした。
一度たりともミスを犯したことのないレモン女史を不審に思い問いただしたところ自分の姉が困
ったことになってるといいます。
完璧主義を貫くポアロ氏はタイプミスなどの失敗は一度だけで十分と思いレモン女史の悩みを
解決するべく女史の姉ハバード婦人の悩みを聞くことに・・・
作品を読んだ後に思ったんだけどポアロが関わらなければ死人は出なかったと思う・・・しかし
関わらなければ事件解決はかなりかかったろうし・・・
ハバード婦人の悩みは学生寮内で盗難が多発しているというもの彼女はポアロにとられた物
のリストを見せる、ところが金目の物はダイヤをまぶした指輪のみしかも持ち主が騒いだとたん
その日のうちに夕食のスープの中から発見、親の形見だった指輪が見つかり持ち主は大喜び
だったそうです。
その他のリストは片方の靴や電球や聴診器こ破かれたリュックサックなどたわいもない物ばか
り、一見なんの事件性もないように思える盗難事件、明らかに寮内の学生の仕業に思えるよね
果たしてポアロの介入によりその日に犯人が名乗り出てきました。
ただし、その数日後名乗り出た学生が自分の部屋で死んでいるのが見つかり事件は混迷を迎
えるんです。
はたして殺したのは誰なのか?また盗難事件との関連は?
そして事件の真相とは・・・私はいろいろ考えてみたけど結局ポアロに任せることにしました(^^;
ただ犯人はもっとも犯人らしい人物が犯人だった。
何の変哲もないような盗難リストの謎、あなたはとけるかな?

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ


ブログランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/1675-50e80387