fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【プレイ日記】 謎のマスカレード PCE [第1章 殺された死神 ]

amarec20141220-191154.jpeg
【メーカー】メサイヤ
【プレットホーム】PCエンジン Huカード
【ジャンル】ミステリー・アドベンチャー
【キャラ】円陣龍之介


PCエンジン初期のアドベンチャーゲーム『謎のマスカレード』をプレイすることにします
なかなかフラグ立てが難しいようでプレイされた方の感想はあまりよろしくありません
ジャンル的には超好みなので挑戦してみることに・・・勝ったときはHuカードのみだったので
説明書無しです(^^;
まああっても見ないのですが(笑)

スタート前のオープニングで山神家当主が遺産相続人を発表するために仮面舞踏会
というより仮装パーティーを開き死神の格好をした当主がその遺産相続人を発表しよう
としたとき毒の入ったワインを飲んで死んでしまいます。
ここに遺産相続を目的とした連続殺人が発生します。
主人公の円陣龍之介は5人の部下を潜入させておりかねてより執事にパーティーのさい
に何か起こるかもと依頼されていたようです
パーティーに集積していた私立探偵円陣龍之介は事件の捜査を始めます・・・
なぜか警察を呼ばずに私立探偵に捜査させるというのはおかしな話ですけどね・・・
また遺産相続が関わっているので自ずと犯人は外部ではなく家族一族の中にいること
になります・・・簡単そうですがこの山神家の家族構成が多くて・・・・
amarec20141220-190846.jpeg amarec20141220-190857.jpeg amarec20141220-190948.jpeg amarec20141220-191017.jpeg



amarec20141220-191216.jpeg

舞台設定は大正時代で何かしらの伝説がある洋館を舞台にした館物ミステリーとなってい
ます。
館から離れることはないみたいなので簡単そうではありますが一筋縄ではいかないようで
セピア色のグラフィックとBGMがいい感じです。
章仕立てになっており全部で5章になります。このゲームはもともとPCゲームでリバービル
ソフトさんが開発されていたようですね、PC版では結構シリーズがリリースされており
タイトル的にも全部プレイしてみたいのですが・・・ちなみにPC版のタイトルは
『藤堂龍之介探偵日記』となっています
主人公の名字が違いますね、そのことからもPCエンジン版では多少脚色されているようで
す。
ゲームはコマンド選択タイプで移動はMAP選択になります。
システム的には面倒ではありませんね、移動もMAPから選ぶだけですし
まずはMAPの自分で書いてどの部屋が誰の部屋か調べました。
MAP上には記載が無いのです。
基本的には総てのフラグが立った状態で自室に戻ると夜になりますね、逆によるにならな
かったらやり残しがあると言うことです。
その辺わかりやすいけどフラグの立て方が面倒ですよね、実は赤ちゃんにもコマンドが
選択でき聞き込みも出来ます
あかちゃんだからいいやと思うとそれもフラグの中に含まれているので注意してください
寝てるか起きていてもバブーぐらいしか言いませんが赤ちゃんに対しても全コマンドを試
さないといけませんよ、まず最初に話を進めるために登場人物全員にあって話を聞きます
全コマンドを試したらようやく捜査開始です。

1章では全キャラにコマンドを試したら、鍵が掛かっていた部屋がいくつか開放されます
その中にいる人にも全コマンドを試したら食堂に行くと光夫が現れるので一通り話を聞き
ます。

1章はこの状態で自室に戻ると夜になりますよ、仲間を集めて仲閒のコマンド全部を試し
たら仲間を帰して書斎に行きます。
書斎の棚を調べると借用書が出てきますよ、誰か借金をしているようですね~
借用書を取って自室に戻り仲間を呼んで証拠の借用書を選択すると2章に移ります。
言いたい誰が殺された光太郎から借金をしたのでしょうか、十分犯行動機にはなります
ね~
amarec20141220-205533.jpeg amarec20141220-205549.jpeg amarec20141220-210114.jpeg amarec20141220-210556.jpeg

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/1968-1dd8bb83