fc2ブログ

ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【NOVEL】 つくもがみ貸します [著]畠中恵

つくもがみ貸します
【著者】畠中恵
【出版社】角川文庫
【初版】2010年
【形態】文庫
【単行本】2007年
【他出版】- - - - -
【シリーズ】付喪神シリーズ
【ジャンル】妖怪・サスペンス


【あらすじ】
お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟2人が切り盛りする小さな店「出雲屋」。鍋、釜、布団と
何でも貸し出す店ですが、よそにはない奇妙な品も混じっているよう。それらは、生まれ
て百年を経て、つくもがみという妖怪に化した古道具。気位高く、いたずら好きでおせっか
い、退屈をもてあました噂超大好きの妖たちが、貸し出された先々で拾ってくる騒動とき
たら…

畠中さんの付喪神シリーズの1作目ですね、2人の姉弟が出雲屋という損料屋を営んでい
ます。
今で言うレンタル屋ですね、なんでも貸しますという出雲屋の道具の大半は付喪神・・・
噂話が大好きな彼らはレンタルから帰ってくるとそこで仕入れた情報で盛り上がります
2人の姉弟は付喪神を受け入れていて彼らと共存していますよ
ただ彼らから姉弟に話しかけたり会話したりと言うことはありません、彼らはその辺しっか
り線引きはしています。
しかし付喪神同士の会話という形で姉弟にメッセージを伝えてますね・・・かなり面倒です
あまり言いたいことを言っちゃうと弟の清次がきれ怖そうとしちゃいますけど
姉のお江はすましていれば綺麗でよく出来た娘ですけど気が強い子です。
この作品はそんな彼らを描いた連作短編になってますよ、お話のベースは蘇芳という
香炉を探すこと・・・正確にはその持ち主の男をお江が探しているということですね
姉弟と行っても血がつながっていないの2人です。
どうやら清次はお江に気があるようですが・・・複雑な思いを抱えながら姉のために
蘇芳を探す。
そのために付喪神を利用するという感じです。
おしゃべりで気位の高い付喪神達ですが、自分たちを受け入れてくれる姉弟に感謝
しているようです。
まだ子供ながらに両親を亡くした2人が必死に出雲屋を経営して生きていくのに
彼らも協力しているのです。
最終話で思い人に再会しましたが今後どう展開するのか楽しみですね。
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/1981-4254c34b