ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 アイアン・スカイ

アイアン・スカイ
【制作年】2012年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】93分
【原題】IRON SKY
【配給】プレディシオ
【原作】- - - - -
【監督】ティモ・ヴオレンソラ
【出演】ユリア・ディーツェ / ゲッツ・オットー / クリストファー・カービイ
     ペータ・サージェント/ ティロ・プリュックナー / ウド・キア


【あらすじ】
2018年、米大統領の人気取り政策によって月面へ送り込まれた黒人モデルのワシン
トン。彼がそこで見たものは、月へと逃亡したナチスの残党が築いた第四帝国の秘密
基地だった

movie_01686.jpg

こういう出オチみたいな作品は大好きです。実はナチスが月に逃げていてその残
党が再び世界を狙うという内容で、おふざけかん満載で楽しかった。
第二次世界大戦で敗北したドイツは一部のエリート達が月の裏側に逃亡して70年
の間に独自のテクノロジーで独自の世界を構築していたという設定です
これがまた微妙でハイテクなのかローテクなの・・・スマートフォンの技術を信用
せず自分の部屋いっぱいの大きさのコンピューターこそ本物だなんて言う割に
神々の黄昏という巨大キャン方を開発したりしっかりUFOも作ってるし・・・
ナチスの残党にかんする映画っておおいですね、ゾンビにされたりオカルトにされ
たり地底に潜んでおり攻め上がってきたり(笑)
そもそも月にいける技術りょくがあり、何もない月で国家を築け繁栄していけたと
いうのが・・・あらかじめ月に基地がないと無理な話ですよね
設定からしてこの作品はユーモアに満ちています。
SFコメディ作品ですのでそういう部分で笑えれば楽しめますね逆にまじめにその
部分がおかしいと笑えなければダメでしょう
まずはこの映画はコメディであるということを理解して気軽に鑑賞しましょう
政治や国を馬鹿にしたシーンがかなりありますよ、北朝鮮の部分は笑いました
ツェッペリン型の戦艦ってかっこいいですね、これらの戦闘シーンは少なかった
のが残念です。
movie_01687.jpg movie_01690.jpg

アメリカが大統領選に向けてのアピールのためだけに黒人モデルを月に行か
せそこで彼らに捕まってしまうことから始まります。
アメリカメインで描かれてはいるけど完全に馬鹿にしてるのがいいですね、ア
メリカ映画ではないからアメリカのお家芸を笑いに変えて世界に発信してる感じ
がたまりません、月はアメリカのものだって星条旗を立てたから、アメリカは大統
領選に大金をかける、月にだって黒人を送り込んでアピールする、世界の方は
宇宙戦艦を持っていないけどアメリカは持っている皆さん助かりましたね~
世界中が密かに宇宙戦艦を作っていたのを知って何だましてんの契約したでしょ!
アメリカは真っ先に裏切ってるじゃないかと言われ、それがアメリカのお家芸だか
らいいの!
それ以外にインドのせいにされたり北朝鮮があの宇宙船は将軍様が設計して・・・
といいだしたら世界の首脳が笑い出して
はいはい座って座ってと取り合わないとか結構ブラックジュークが面白かったです。
主人公はそんな黒人モデルとスペースナチスの地球学者レナーテとなります。
総統閣下やくがウド・キアさんで個性派俳優らしいくユーモアに演じてます。
親衛隊長が月を支配して地球もという野心を持っていて一連の騒動の主犯格とい
う感じですね、ちょっと悪役にしては悪さに欠ける感じです。
movie_01689.jpg

ラストのドイツ軍は退けたのにそのままヘリウム3を巡って核戦争が勃発していた
り笑いのなかに皮肉がたっぷりこもっていて最後まで楽しかった。
これから月を再建していくという希望のなか月をバックに地球上では核戦争の光が
輝きながらエンドロールへ・・・
movie_01688.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2650-03ebbff5