ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 アベンジャーズ

game_01205.jpg
【制作年】2012年
【鑑賞】ブルーレイ
【制作国】アメリカ
【上映時間】144分
【原題】THE AVENGERS
【配給】ウォルト・ディズニー
【原作】- - - - -
【監督】ジョス・ウェドン
【出演】ロバート・ダウニー・Jr / クリス・エヴァンス / マーク・ラファロ / クリス・ヘムズワース
     スカーレット・ヨハンソン / サミュエル・L・ジャクソン / ジェレミー・レナー
     トム・ヒドルストン / ステラン・スカルスガルド / グウィネス・パルトロー


【あらすじ】
マーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちが、反発と衝突を繰り返しながらも
最強チーム“アベンジャーズ”として戦いに挑むSFアクション。地球侵略へのカウン
トダウンが開始され、人類の未来はアベンジャーズに託されるが…。

game_01217.jpg

マーブルファンなら大喜びの作品じゃないでしょうか?個人的には映画として面白
かったのはアイアンマンだけですし実はキャラクター的には微妙なんですよね~
むしろアイアンマン以外だと今回は普通の人間のブラックウィドウとホークアイの
ほうが魅力的でした
特にホークアイの弓術による戦闘シーンはかっこよすぎです。
今回はアスガルドのロキがボスとなって地球を征服しようと企んでいます。
といっても彼も違う星のエイリアンに利用されているだけですが、彼がキューブを
奪いキューブを使い空間を空けてそこからエイリアン達が押し寄せてくるのでした
それを向かい打つためにヒューリーはアベンジャーズを結成し挑むのですが
とにかくチームの結束力がなくみんな好き勝手しちゃうのでそこをつかれて
負け戦になりかけてしまいます。
しかしコールズの死によって結束が固まります。
アイアンマンからのつきあいのトニーは特にショックだったようで彼の死によって
トニーの考え方も変わっていきそれに伴い仲間達の結束も強くなりました
とにかく144分と長い作品です。
主役級のヒーローが4人もいたのでそれぞれに見せ場は作らないと行けないし
長くなるという物ですね・・・しかし中盤以降怒濤の流れになるので長く感じません
でした。
game_01218.jpg game_01219.jpg game_01220.jpg

残念な点は吹き替えですね、主要人物・・・メインではないけど竹中直人さん
米倉涼子さん宮迫博之さんと芸能人が吹き替えていますがま~~~棒ですね
特に米倉さんは酷すぎます。宮迫さんも話になりません、宮迫さんは声がいい
のにもったいないにもほどがあります。
竹中さんはまだましな方ですが下手にはかわりありません、芸能人を使うなと
は言わないけれど人作品一人にし出番の少ない脇役にしてほしい
実際家なりの批判が出ていて署名活動も行われたそうですね、今度の新作
もあれだけ見る側が拒絶反応を指名sテイルのにまた吹き替えを同じメンバー
にしているそうですし、ここまで見る視聴者に拒絶されていたらかえって
興行収入に響くと思うのですが、それでも強行すると言うことは事務所と
ディズニーに何かあると言うことですね、せめて芸能人バージョンとプロバー
ジョンを作ってもらいたいところです。
字幕のみの上映だったら興業成績はもっと良かったはずです。
game_01221.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2664-65b7c48e