ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 インサイド・マン

インサイド・マン
【制作年】2006年
【鑑賞】ブルーレイ
【制作国】アメリカ
【上映時間】128分
【原題】INSIDE MAN
【配給】ユニバース
【原作】- - - - -
【監督】スパイク・リー
【出演】デンゼル・ワシントン / クライヴ・オーウェン / ジョディ・フォスター/ ウィレム・デフォー
     クリストファー・プラマー / エキウェテル・イジョフォー


【あらすじ】
マンハッタンの銀行で強盗事件が発生。捜査官のフレイジャーは頭脳明晰な犯人
グループのリーダーを相手に交渉の糸口を探るのだが…

movie_01258.jpg

豪華キャスティングで送るクライムサスペンスです。ウィレム・デフォーさんを警部
役に持ってくるなんて贅沢ですね、そうたいした役でもないのでデフォーさんほどの
キャリアのある俳優さんじゃなくてもいいのに・・・
この作品は切れ者の銀行強盗のリーダーラッセルのと切れ者の交渉役の市警
フレイジャーとの頭脳戦が面白いです。
そもそも銀行強盗と思っている時点ですでに警察側が負けています。
彼らの目的は銀行のお金ではないからです・・・なので逃走は大量のお金を運ぶ
必要がないわけですね、事件後犯人は消えそして何ひとつ1ドルたりとも盗まれて
いなかった
じゃあ彼らはなんのために銀行強盗を?銀行強盗に思い通りに翻弄される警察
達がこぎみよいですね~
デンゼルさん演じるフレイジャーが切れ者でも犯行グループの目的がお金だと
思っている間は完全にラッセルの思惑通り動いてしまっています
何かしらの違和感を感じつつもその正体が分からない・・・彼らが要求する脱出
のためのジェット機やバス2台がフェイクであることまでは見抜けましたが
そこに何の意味があるのか・・・
最後の最後でお金には全く手をつけていないことを知り愕然とします。
最後の最後までラッセルにやられたフレイジャーはあまりに見事にやられたこ
ととポケットにダイヤを忍ばせてくれていたことに負けを認めたような笑顔になる
ラストシーンは印象的です。
そう彼は二人きっりの時に彼女のこと指輪のことを話していたのです。
そしてようやく銀行でぶつかった男が犯人だったことを悟るのでした。
もちろん犯人の目的は別にありそれもフレジャーに託す形を取りました。
脱出に関してはそれぞれがうまく逃げられるように巧妙なトリックを使っています
ね、ただ人質に紛れて逃走するだけではなく常に誰かが人質として人質の中に
いることでみんなから人質としての証言が得られるというカラクリです。
現行に強盗に入っていて一切お金にてをつけないというのは非常にもったいな
いですけど・・・とてもスマートで綺麗な作品で楽しめました。
movie_01259.jpg movie_01260.jpg movie_01261.jpg movie_01262.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2714-04df8a9c