ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ザ・ワン

ザ・ワン
【制作年】2001年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】87分
【原題】THE ONE
【配給】ポニーキャニオン
【原作】- - - - -
【監督】ジェームズ・ウォン
【出演】ジェット・リー/ カーラ・グギーノ / デルロイ・リンドー / ジェイソン・ステイサム
     ディラン・ブルーノ


【あらすじ】
元多次元宇宙捜査局の捜査官・ユーロウが、宇宙に125あるというパラレルワールド
でそれぞれの自分を殺し、この宇宙で唯一の全能の存在(ザ・ワン)になろうと企む

ジェット・リーさん主演のハリウッド作品の中では一番好きな作品です。この作品では
マーシャルアーツではなくカンフーを使っていますしね、また重要なメインキャラ
多次元宇宙捜査局のフィンチ役でジェイソン・ステイサムさんが出演されています。
この作品でジェット・リーさんと共演されたことでアクション俳優を目指したそうです
数年後『トランスポーター』でアクション俳優としてブレイクし今に至るというわけです
ね~
この作品は宇宙はいくつもの多次元で構成されているという発想でどの世界にも
同じ人が存在し繋がっていると言うことです。
彼らが死ぬことで力が各世界の自分に分配されていき強くなっていくということです
元他次元宇宙捜査局の一員だったユーロウはある世界で誤って自分を殺してしまい
その際パワーアップしたことでその魅力に取り憑かれ前先の自分を殺し神の力を
もつザ・ワンになろうとします。
オープニングで一人殺したことで残りは一人となってしまいました。
その最後の一人ゲイブを巡って自分が自分を狙うというアクションが展開されますよ
他の世界のロウたちは素人でしたがユーロウとゲイブはカンフーの使い手で
二人が最後に残ったのは必然かもしれません、二人になったことでゲイブもパワー
がましラストバトルはほぼ互角に・・・なのでラストバトルは見応え十分でした
主人公ラスボスともにジェット・リーさんという構図が何ともたまりませんね~
まだアクション俳優ではないステイサムさんがボコボコにやられるシーンは今となっ
ては見たくない感じですが(^^;
ヒロインのカーラ・グギーノさんはとても綺麗な方でした。
ラストはほっこりします。ファンチの粋な計らいがナイスですね~
彼とボスの絆もなんか良かったです。
こちらの世界でのボスはガソリンスタンドの店主でした。
ユーロウにボスが殺された悲しみとボスへの感謝を彼に伝えるシーンは不覚にも
ウルッとしてしまいました。
発言してもよろしいでしょうかという彼のセリフはなんか好きです。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2747-be12b7f7