ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 リアル・スティール

リアル・スティール
【制作年】2011年
【鑑賞】ブルーレイ
【制作国】アメリカ
【上映時間】128分
【原題】REAL STEEL
【配給】ディズニー
【原作】- - - - -
【監督】ショーン・レヴィ
【出演】ヒュー・ジャックマン / ダコタ・ゴヨ / エヴァンジェリン・リリー / アンソニー・マッキー
    ケヴィン・デュランド / カール・ユーン


【あらすじ】
ロボット格闘技時代の到来によって生きる場を失いどん底状態のチャーリーの前に
赤ん坊の頃に別れた息子が現れる。ある日、ふたりは旧式ロボット“ATOM”を発見

2020年人間同士のボクシングに満足できなくなった観客達はより暴力的な試合を
望むようになりました
そこで現れたのがロボット同士でボクシングをさせること、そして人間の時と同様
ロボットボクシングの団体が設立されます。
元ボクサーのチャーリーは自分の夢をここに託し中古のロボットを買っては戦わせ
ていました。
そんな彼の元に元妻が亡くなったという報告と息子の親権問題が舞い込んできま
す。
ここでチャーリーのだめっぷりが披露され一度引きます。
彼は息子が生まれ元妻と別れたときにあっさりと親権を放棄していたのです
頭の中はロボットボクシング最優先で今回の裁判もあっさり自分には親権がない
から好きにすれば言いと言い放つ始末、親権を持っているのは奥さんの妹で
どうやらお金持ちと結婚しておりセレブに・・・親権はいらないけどロボットを買うお
金が必要と彼女の夫にお金で手を引くというあり得ない行為を行うのです
もうこの辺のげすっぷりがヒュー・ジャックマンが演じていると言うこともあり
かなりこたえますね、しかしデブラにバレるのはお互いまずいだろうということにな
り彼らが旅行に行ってる間面倒を見るという約束をします
こうして短い間ですが始めて親子として過ごすことになるのですが・・・
まあ親権を売るような男なので連れて帰っても息子として扱わない金のために
置いているという露骨な態度で接するあたりが何とも・・・
しかしロボットの知識が豊富なオタクだったマックスは意外な才能を持っていまし
た。
新しいロボットを買うことが出来ないということで廃材工場に潜入してロボットの
部品を盗みにいった彼らはアトムというスパーリング用のロボットを発見します
その出会いが彼らの親子の絆を深めていくのでした。
マックスが見付けたと言うこともあるし初戦スパーリング用のロボットで耐久力
以外は試合では仕えないと考えているチャーリーはあっさりマックスに渡します
ここからチャーリーとマックスのコンビがアトムでロボットボクシング界に挑んで
いきます。
プログラムはマックスで試合はチャーリー・・・アトムに音声認識プログラムを組
み込むなどエンジニアとしての才能をもつマックスでした。
またマックスはベイリーにもらったチャーリーのボクサー時代の記事をみて
チャーリーの凄さを知ります。
自分の父親の凄さに始めて触れたという感じで彼が望んでいたのはボクサーと
して輝いていた頃のチャーリーでした
なのであっさり試合ではチャーリーに任せています。
アトムにボクシングを覚えさせるのも元プロのボクサーだったチャーリーです。
ロボットとしては小さなみすぼらしいロボットアトムがマックスとチャーリーに
より連戦連勝を重ねていくととうとうロボットボクシングのチャンピョンゼウスと
戦えることになります。
ここがハイライトですね、ロボットとしては高性能で圧倒的な能力差があるので
すが、アトムにはそれを補うテクニックがあります。
それは操作するのがかつて偉大なチャンピョンになるボクサーを唯一追い詰め
たチャーリーが操作していたと言うことです。
その頑丈さからも不屈の精神で立ち上がりボクサーのテクニックで翻弄し
最後はシャドー機能でチャーリー自身がゼウスと戦っているようになります
そうなるとボクシングとしてはど素人のゼウス陣営ではどうすることも出来ませ
ん、ここに性能の差ではなくボクサーとしてのキャリアの差が出てしまうわけで
すね、完全にゼウスを圧倒しボロボロにしたのに判定で負けてしまったのは
そこはボクシング協会も大人の社会というところでしょうか・・・
しかし観客はどちらが勝者か分かっています。
さてチャーリーとマックスの親子の絆も描かれておりロボットボクシングの迫力も
十分伝わってきますがもう一つ見るべき点が、それはマックスとチャーリーは
ロボットとの気持ちが分かり合えるということ、また少なくともアトムとゼウスには
感情があると言うことです
それを象徴するシーンは沢山ありますが、アトムに関してはゼウスとの試合前
に鏡に映る自分の姿に反応して見つめ合うシーンやマックスと意思の疎通が出
来てると思われる仕草があること、ゼウスは試合が終わりマックスの横を
歩くときシャドー機能がないのにマックスに振り向いたシーン・・・その後ゼウス
がかっこいいとファンさながらの態度だったマックスがその後ゼウスに挑戦状を
たたきつける再感情的だった点、あのときゼウスから受け取った意志は
マックスを怒らせることだったのでしょう
チャーリーも試合中倒れたアトムにむかって叫ぶセリフなど彼もアトムと意志を
伝え合える事を暗示していました。
この辺がなにげに少しの時間でいくつも描写されていて面白かった。
親子の絆がメインではあるけど実はチャーリーとマックスとアトムの間の絆も
描かれていたと言うことです。

movie_01533.jpg movie_01534.jpg movie_01535.jpg movie_01536.jpg

マックス役のダコタ・ブヨくんが超可愛いです。4年前の作品ですのでこの年齢から
4年というのは凄く成長しているわけで現在はなかなかのイケメンに育っています
業界の悪い部分に染まらずこのままいいとこになってほしいものですね~
movie_01537.jpg




ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2806-45e55f48