ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 キンキーブーツ

キンキーブーツ
【制作年】2005年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ / イギリス
【上映時間】107分
【原題】KINKY BOOTS
【配給】ウォルト・ディズニー
【原作】- - - - -
【監督】ジュリアン・ジャロルド
【出演】ジョエル・エドガートン / キウェテル・イジョフォー / サラ=ジェーン・ポッツ
    ジェミマ・ルーパー / リンダ・バセット / ニック・フロスト


【あらすじ】
チャーリー・プライスは伝統ある靴工場の跡取り。だが、早くも婚約者のニックの尻に
敷かれている優柔不断な彼は、彼女とロンドン転勤を機に田舎町ノーサンプトンと重
い責任から逃げ出す。が、ロンドンに到着するやいなや父親の訃報が届き―プライ
ス社の4代目に就任することになってしまった。こうしてダメ経営者が誕生。しかし、蓋
を開けてみればこの工場、倒産寸前に陥っていた!

movie_01594.jpg

実話を元にしたお話で実話だけに説得力のあるお話でした安いだけの粗悪品ば
かりが売れる販売世界、壊れない頑丈な靴が売りの伝統的な靴工場は倒産の
憂いにあう、優れた製品は売れない!これは今でも同じですね現に日本の伝統
工芸などが後継者不足で悩んでいます。
製品も売れずにつぶれていく老舗もあります。
買い手としては頑丈で長持ちな靴がほしい、売る側はすぐにぼろぼろにな
る靴のほうが売れる!この温度差はみんなが思ってる以上に深刻ですよ、この
作品の主人公と工場の人たちの苦労は並大抵なものではなかったです。
紳士靴ではやっていけない、そんな折りに出会ったのがドラッグクイーンのローラ
オープニングでパンプスをはいて踊っていた「男の子」です。
女装趣味の彼らにははく靴がない、女性用のブーツやパンプスでは男の体重は
支えられない、彼らの苦労を知ったときにひらめいた。
そうだ男がはけるブーツやヒールやパンプスを作ろうと、まさに起死回生のアイデ
アですよね
もともとやる気のなかった靴の世界だったけど工場を守る社員たちの生活を守る
という使命感が彼を変えていきます
しかし、いち早く彼らの世界に入り込みながら最後まで偏見を持ち続けた主人公
の不器用さがイライラした。
ローラとの出会いとふれあいで彼らのことを理解していたものと思ってたんだけど
ね、かくいう私だって実際に彼らと知り合ったらどう感じてどうせッすればいいのか
分からないだろうな、きっとイライラしてみていた主人公と同じ
かもしれない、いや多分そうだろう・・・偏見をなくすというのは並大抵のことではな
いのではないかな、主人公もローラとともに一生懸命目標に向かったおかげで
最後に偏見がなくなったんじゃないだろうか、またその偏見はローラたちにたいす
るものだけではなく社員たちの主人公を見る目もそうだったんじゃないだろうか
ぎりぎりまで主人公を甘く見ていたと思う・・・彼の本当の気持ちをスピーカー越し
に聞いたドンがまず目を覚ました。
偏見をなくした彼は社長としての主人公を認めた。
だから工場はそこで初めて一体になったんじゃないでしょうか彼らの情熱がすべ
てを動かして工場の復活を果たしたと思う、今はブランドものの工場でも閉鎖を
余儀なくされてるらしいしまさにタイムリーな一本ですね、最後はとても暖かい気
持ちになりました。
それにしても自分のことしか考えない許嫁には腹立つよね、簡単に工場を売れ
とけしかけ売ったお金で私たちが結婚すればいいというし、前社長が実は工場
を売るつもりだった
だから気兼ねなく売って良いんだという、この馬鹿女!
もうすっげ~腹立った。
トップに立つ以上「責任」があるまず工場で働く人たちの生活にたいする責任
再建プランを持っている主人公はそれにかける思いが強かった。
それを支えるのがおまえの役目だろう!自分のことしか考えられない無責任な
オンナと分かれたのは正解でした。

movie_01595.jpg movie_01596.jpg movie_01597.jpg movie_01598.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2808-e913e23a