ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 喰らう家

喰らう家
【制作年】2015年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】83分
【原題】WE ARE STILL HERE
【配給】トランスフォーマー
【原作】- - - - -
【監督】テッド・ゲイガン
【出演】バーバラ・クランプトン / アンドリュー・センセニグ / ラリー・フェセンデン
     リサ・マリー / モンテ・マーカム


【あらすじ】
息子を亡くした夫婦が移り住んだ家は30年に一度、生贄を必要とする悪霊の住む
恐怖の家だった…。家に憑りついた悪霊と、恐怖におびえる町の住人たちが夫婦
に襲い掛かる!

movie_01712.jpg

この作品は悪霊が取り憑いた家を舞台にした作品でその家は悪霊が住む場所に
立てたために建築のさい悪霊を呼び覚ましてしまいました。
悪霊は30年に一度猛威をふるい町の住民を何らかの災害や事故などで犠牲者を
出していました。
住民達はいずれそれに気がつきいつしかその家に30年に一度その年によそ者を
生け贄としてそこに住まわせるようになったというお話で最愛の息子を失った
夫婦は傷心を癒やすために都会からこの田舎のその家に移り住んでしまいます
最初は些細な心霊現象で奥さんは死んだ息子がいると言い出したりしますが
彼女の古くからの友人で霊能力のあるメイを呼びます
彼女はすぐにこの意に住む霊は息子ではないと見抜きますが・・・それからいよいよ
家の霊が牙をむき始めます。
静かな展開の作品で後半に入るまでそんなに犠牲者は出ないのですが一つ一つ
の描写は結構グロイの苦手な方は注意してください

※ ネタバレになっているので気になる方は文章コピーの要領で文字を反転させて
  ください


[また実際に家に入った人間を襲う霊達は悪霊ではなく実はこの家の最初の犠牲者
だったりします。
その辺はすぐに判明しますけどね、町長に騙されたその家族は悪霊の指示により
襲っているのですが最終的には自分を貶めた張本人である町長に復讐するという
形で主人公夫婦は見逃されるという形になります。
]

どう決着をつけるのか興味深かったですけどこれなら納得です。ただ30年目の
たびにどれだけの生け贄が必要なのかも問題ですけどね
謎としましてはこの土地に住む悪霊の正体はなんなのかってことですね
後30年目の1年間その家から離れていれば別に普通に住めるって事ですよね?

movie_01713.jpg movie_01715.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2883-6fb4a3b3