ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 チアーズ!

チアーズ!
【制作年】2000年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】100分
【原題】BRING IT ON
【配給】東宝東和
【原作】- - - - -
【監督】ペイトン・リード
【出演】キルステン・ダンスト / エリザ・ドゥシュク / ジェシー・ブラッドフォード
     ガブリエル・ユニオン / クレア・クレイマー


【あらすじ】
傍目には元気でかわいいだけの彼女たちのパフォーマンスも、生傷の絶えない
過酷で危険な練習あってのものだ。そして、ここでも互いに対照的な2つのチーム
「トロス」と「クローヴァーズ」が全国大会の優勝目指して、ライバル心剥き出しで
激しい練習の最中だった

チアリーディングがスポーツ競技として社会的にも一定の高い地位を確立してい
るアメリカならではのスポーツエンターテイメントです。
しかしあまり知られていませんが近年日本文理大学のチアリーディング部が
世界大会4連覇し昨年は銀メダルだったそうです
いつの間にか日本のチアリーディングは世界でもトップクラスになっていたんです

子の作品はとにかく出演者が元気で見ていてこっちも元気が出てきます。
若さがあふれ出ている作品ですね、主演のキルステン・ダンストさんも
はじけ魅力的でした。
movie_01740.jpg

5度の全国大会優勝を誇る「トロス」が実は前キャプテンが事もあろうに
同地区のチアリーディングの演技を盗んでいたことが発覚、盗まれ
た「クローヴァーズ」は実力が一級品なのにハーレムのチームと言うこと
で全国大会に出るお金がなかった。
お互いをライバルと認め合い全国大会本番に向けて両チームは練習
を積み重ねるわけです
movie_01742.jpg

恋愛要素もあるけどメインはやはりチアリーディングでで両チームの
のりも良く見応え十分でしたよ、ラストの全国大会での両チームの
演技には見ていてついからだが動いてしまいました。
なるほどスポーツと認められているだけのことはあるなと思った。
女の子達も凄く魅力的な子ばかりでしたよ、私はトロスより黒人チーム
のクローヴァーズのメンバーのほうが好きだった。
キャプテンも綺麗で背も高くかっこよかったし、ぶっ飛ばしてもいい?と
柄の悪い子も魅力的でした
自分たちの演技を盗まれあげくにその演技で5度も全国大会を
優勝されてしまったクローヴァーズのほうが私は応援できましたね
自分たちが出ればこんな事にはならないのに、その悔しさが全国
大会初出場初優勝をもたらしたと思う、この作品のいいところは主人公
チームが2位で終わることですね、最後には両校共に友情が芽生えて終わりと
言うのは青春ですよね
白人チームと黒人チームの確執と言うことで何下に人種問題もとり入れてるよ
うにも感じました。
実力で優勝を勝ち取ったクローヴァーズにはおめでとうと言いたい、トロスも初
めてオリジナルで全国大会に挑んだと言うことで2位と言うのは見事でしょう
シリーズ化されており3作製作されています。
独立したお話でこの作品の続きというわけではないようです

movie_01741.jpg



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2897-8825b031