ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 トータル・リコール

トータル・リコール
【制作年】2012年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】118分
【原題】TOTAL RECALL
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】『追憶売ります』 著:フィリップ・K・ディック
【監督】フィリップ・エイドリアン・ブース
【出演】レン・ワイズマン / コリン・ファレル / ケイト・ベッキンセイル / ジェシカ・ビール
     ブライアン・クランストン / ビル・ナイ


【あらすじ】
アーノルド・シュワルツェネッガー主演による大ヒットSFアクションを、コリン・ファレル
主演で新たに映画化。人工的な記憶を植え付けることが可能になった近未来。記
憶を塗り替えられた男が、巨大な敵に立ち向かう

movie_01766.jpg

オリジナル版は1999年にシュワちゃん主演が主演でしたね、すっかり内容を忘れ
ていたのでこんな内容だったっけ?って感じです。
シュワちゃん版はリコールの機械を使って顔が割れていくシーンしか頭に残って
いません(^^;
調べてみると当時もきれいどころのシャロン・ストーンさんが悪役だったんですね
こちらもお美しいケイト・ベッキンセールさんが彼女の役を引き継いでいます。
彼女の場合は綺麗すぎて悪役ですごんだ顔してもなんだか入ってこないって感
じです。
movie_01769.jpg

入ってこないと言えばコリン・ファレルさんも眉毛に目が行ってしまいますね
シュワちゃんほどの存在感がないために作品中では印象が薄い感じがします
その分ケイト・ベッキンセールさんとジェシカ・ビールさんの美女共演のほうが
存在感があったような感じがしました。
やはりシュワちゃんの印象が強いのでコリンさんでは荷が勝ちすぎるのかな?
movie_01768.jpg

昨年『アンダーワールド』シリーズを見たので気がつきましたがレン・ワイズマン
監督にケイトさんにビル・ナイさんってアンダーワールドチームですよね、この辺
のキャスティングはやはり横の繋がりというヤツなのでしょうか
映像的にはスタイリッシュにまとまっていてシュワちゃん版のような骨太な感じは
しません特殊メイクではなくCGでまとめています
その辺はCG全盛期ですから仕方がないのかも知れませんがインパクトが残ら
ないのはCGまかせだからではないでしょうか
なんか違うなという違和感はそういう部分からきてるのかも・・・しかし綺麗にま
とまっていていることは事実ですし基本は原作小説がベースなので面白い
内容であることは間違いありません、シュワちゃん版を知らないほうが楽しめる
と思われます。
movie_01767.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2906-aba109ed