ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【NOVEL】 天帝妖狐 [著]乙一

天帝妖狐
【著者】乙一
【出版社】集英社
【初版】2001年
【形態】文庫
【単行本】- - - - -
【他出版】- - - - -
【シリーズ】ノンシリーズ
【ジャンル】中編


【あらすじ】
とある町で行き倒れそうになっていた謎の青年・夜木。彼は顔中に包帯を巻き、素
顔を決して見せなかったが、助けてくれた純朴な少女・杏子とだけは心を通わせる
ようになる。しかし、そんな夜木を凶暴な事件が襲い、ついにその呪われた素顔を
暴かれる時が…。表題作ほか、学校のトイレの落書きが引き起こす恐怖を描く
「A MASKED BALL」を収録

表題作となる『天帝妖狐』と『A MASKED BALL』の2本の中編をお編を納めた作品
になります。

♪ A MASKED BALL
この作品は男子には共感できる部分が多いのではないでしょうか学生問わずに
トイレの個室の落書きは個性が出て面白く時にそこの常連さん同士の会話が
垣間見れたりするものでしょうか、今ではラインやツイッターなど会話ツールは
充実しています
いつでもどこでもメッセージを書ける、そんな中でアナログに目をつけましてや
トイレの落書きに焦点を当てちゃうなんて発想が凄いですよね、駅の伝言板
などいろいろアナログでもあるのになぜトイレなのかそれはやはり落書きする
なという落書きでしょうね、この矛盾は面白いと感じたのでしょう
ブログもそうですが人はハンドルネームを使うこともできるし名前を記さない
事も出来ます律儀に本名を書く人もいるでしょうがそんな人はそういません
誰だかわからないわかる必要もないそこには暗黙の了解が潜んでいます。
この作品では事件を起こすカタカナの人がどんなことをしても注意はしますが
何者か特定しようとはしません、主人公も同級生の命が危ないかもしれないと
思い彼女を救うために動いただけです。
学校の風紀を乱すものは許さないカタカナの人は何者なのでしょうか
前半はたわいのないトイレの落書きでの会話でしたがカタカナの人が
校内に空き缶が多すぎると伝言しその後自販機を全部壊してしまったことから
サスペンスに変わっていきます。
正体は途中で気がつきましたがそれだと教室から机を落下させたのもその
人になってしまう、しかしそれはいくら何でも目立ちすぎる人だ違うのかな?
って思いましたが・・・
後女装した親友画の実写が見てみたいって感じです。きっと美少女に変身して
るのかな?

♪ 天帝妖狐
とてももの悲しい物語でした。興味本位で行ったコックリさんそこに現れたさなえ
となのる霊と仲良くなってしまいます。
少年はさなえのことを疑うこともせず予言が当たることを喜んでいましたが・・・
自分の寿命があと4年と通告され恐怖におののく少年の心理を利用してカラダを
代償に不老不死の約束を交わそうとしてきます。
以後怪我をしてもすぐに直るようになりその代償としてその部分に新しい
生命の部分が現れるように、禍々しい瘴気も発せられるようになった少年は
家出をし一人孤独に生きることを選びます。
20年の月日で青年になった少年は一人の女子高生と出会い・・・
人としての生活を失った青年と人として接してしてくれ自分に人としての生活の
場を与えてくれたる少女との悲しい物語です
体の部分を失うたびにさなえの子供として生まれ変わろうとする、そんな中で
少女の気持ちが救いでした。
相容れない二人ですが望むものは一緒、人としてまっとうな生活がしたい
青年に一時とはいえ夢を魅せてくれたその気持ちを最後に手紙として綴ってい
ました。
青年は変わり果ててしまいましたが少女のおかげで心だけは奪われずにすん
だのはせめてもの救いなのかも知れません・・・
安易に始めた一人コックリさん、幼かったために恐怖に負けて不老不死にな
ることを選んでしまった少年・・・
そもそもコックリさんは周囲の低級霊が現れるそれは人の幽霊とは限らない
名前をかえ品を買えてもその本質は変わらないのです。
やってることは低級霊を呼び出すだけその結果は・・・コックリさんをすれば必
ず霊が現れるわけではなく、本当に自動で動き出したときはもう取り返しが付
かないのです。
くれぐれも本物にはご注意を・・・



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ


該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

nanaco☆ says...""
ねむりねこさん、こんにちは!

感想楽しみにしていました^^
若干うろ覚えの部分がありますが、表題作『天帝妖狐』は物悲しかった記憶があります。
不思議と人間って、自分と同じでないものは排除する傾向がありますね。。。
乙一さんって切ない物語を書かせたら、一級品ですよね!
『A MASKED BALL』も男子トイレという設定が面白かったです。

TB頂いていきますね~ヽ(*^^*)ノ
2016.02.21 11:39 | URL | #- [edit]
ねむりねこ says..."nanacoさんコメントありがとう"
早速読み終わりました。読み始めるとあっという間に読了
してしまいましたよ
2本の中編で更正されていますがどちらも面白かったです。
『A MASKED BALL』は目の付け所が面白いサスペンス作品
ですね
『天帝妖狐』は凄くもの悲しいお話で悲しくなりました
安易にコックリさんなんてしちゃ駄目です。
2016.02.21 17:01 | URL | #/cnJv9tA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2930-2d38743b
「天帝妖狐」乙一
天帝妖狐 著者:乙一 評価: 【内容情報】(「BOOK」データベースより) とある町で行き倒れそうになっていた謎の青年・夜木。彼は顔中に包帯を巻き、素顔を決して見せなかったが、助けてくれた純朴な少女・杏子とだけは心を通わせるようになる。しかし、そんな夜木を凶暴な事件が襲い、ついにその呪われた素顔を暴かれる時が…。表題作ほか、学校のトイレの落書きが引き起こす恐怖を描く「A ...