ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス

フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス
【制作年】2000年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】91分
【原題】THE FLINTSTONES
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】ブライアン・レヴァント
【出演】マーク・アディ / スティーヴン・ボールドウィン / クリステン・ジョンストン
     ジェーン・クラコウスキー / トーマス・ギブソン/ アラン・カミング/ ジョン・テイラー


【あらすじ】
昔、昔の石器時代。モダンな石器都市ベッドロック・シティの住宅街の建設が進
んでいる頃。フレッド・フリントストーン(マーク・アディ)と相棒のバーニー・ラブル
(スティーブン・ボールドウィン)は、"恐竜クレーン・アカデミー"を卒業し、採石会
社の"恐竜クレーン"係の試験に合格、職に就いた。フレッドとバーニーの次の
目標は、すてきな女性と恋に落ちることだ。 その頃、ベッドロック・シティを見下ろ
す山の上にある名家スラグフープル家には、ハイソな人々が集まり、自慢話に
花を咲かせていた。スラグフープル家を仕切る怖いママのパール(ジョーン・コリ
ンズ)は、娘のウィルマ(クリスティーン・ジョンストン)を、カジノ王の息子チップ・ロ
ックフェラー(トーマス・ギブソン)と結婚させたがっている。しかし、ウィルマは見栄
だらけの名家の付き合いも、かっこをつけたがるキザなチップも苦手で、ついに
家から飛び出してしまう。

なぜか前作から6年もたって続編が製作された本作ですが6年という月日の影響
なのかキャスティングが一新されてしまいました。
2とはいえ内容は続編ではなくフリントストーンとウィルマが出会い結婚するまでの
1作目の過去を描いた作品になっています。
movie_02023.jpg


やはり6年という月日で前作のキャスティングには出来なかったんでしょうね~
前作よりも若くなるわけだし・・・この作品もラズベリー賞4部門にノミネートされた
そうえすが前作と違い今回はノミネートされても仕方のない内容と興業結果だった
ようです。
movie_02022.jpg


日本での評判は良くないようですね、特にエリザベス・パーキンさんの後を継いだ
クリステン・ジョンストンさんに批判が集まっていますが・・・個人的には彼女は
『ラブソングができるまで』『ブライダル・ウォーズ』のようなちょっとやさぐれたキャラ
が大好きなんですよね、なのでこの作品のお嬢様なウィルマを演じる彼女を見て
違和感を覚えたのはなんか彼女のキャラと違うなって感じなだけでした
キャラが違いすぎると言えばウィルマよりもバーニーが批判されないとおかしいで
すよね、リック・モラレスさんが若返ったらスティーヴン・ボールドウィンさんに
なるのは違うでしょ、しかも頭も良くてしっかり者だったバーニーが頭のねじが緩い
ただの馬鹿キャラになっているのが不愉快きわまりなかった。
スティーヴンさんの壊れた演技も相まってもう病院レベルのキャラになってしまっ
ています。
それ以外はやってること1作目と同じで舞台が採石場からラスベガスに移っただ
けです。
movie_02025.jpg

ただセレブなウィルマが庶民の遊びを夢中で遊んでいるシーンはなんだか微笑
ましくて良かったです
1作目では完全な恐妻家になっていましたが・・・
movie_02024.jpg


そんなクリステンさんのやさぐれた演技がこちら、左が『ラブソングガできるまで』
主人公のお姉さん役です。
右は『ブライダルウィーズ』でのやる気のない主人公の同僚の教師やくです
movie_02027.jpg movie_02028.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2974-408e3f68