ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ブレアウィッチ2

ブレアウィッチ2
【制作年】2000年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】91分
【原題】BOOK OF SHADOWS: BLAIR WITCH 2
【配給】パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
【原作】- - - - -
【監督】ジョー・バーリンジャー
【出演】ジェフリー・ドノヴァン / エリカ・リーセン / トリステン・スカイラー
     スティーヴン・バーカー・ターナー / キム・ディレクター


【あらすじ】
映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の大ヒットのお陰で、観光スポットと化したバー
キッツヴィル。地元生まれのジェフ(ジェフ・ドノヴァン)は「ブレアウィッチ・ハント」ツ
アーを企画し、インターネットで応募してきた4人の男女と共に、ブレアの森へ入っ
ていく。彼等は映画の最後のシーンとなったラスティン・パーの家の廃虚で一夜を
過ごすが、目覚めた彼等は皆、眠りについた時の記憶がなく、その時から恐ろし
い出来事が彼等の身に降り掛かるのだった…。

1作目の大ヒットを受けてすぐさま制作された続編になります。1作目のヘザーの
残したビデオテープが話題になり映画の舞台となったバーキッツヴィルの町は観光客
であふれるようになりました。
設定としてはあの学生失踪事件は劇中でも映画のフィクションとなっていてそれ以外
の魔女伝説の殺人事件は実在したという認識になっています。
主人公はそんな一作目の現場となった場所を案内するツアーを企画し集まったメン
バーを案内します。
集まったメンツは自称魔女やゴスッ子など個性的です。
主人公自身以前は精神を病んで精神病院に隔離されていた過去を持っています
集団ヒステリーといえるような状況に落ちいり幻覚幻聴に悩まされ次第に精神が崩壊
していくという感じですね、1作目と違い今回はPOVではなく普通の撮影方式に戻って
います
そもそもPOVが売りなのに1年後に製作したら普通になちゃったのは当時はまだ
POV方式のフェイクドキュメンタリーはブレアウィッチ・プロジェクトが最初でヒットした
とはいえ今後通用するとは思えなかったからなのかも・・・しかし予想に反して以後
POVはかっこたるジャンルに成長してしまいますが、1作目は自主製作的な感じだった
けれど2作目は大手配給会社が制作を受け持ったためにこういうことになってしまっ
たようです。
1作目を制作したダニエル・マイリックとエドゥアルド・サンチェスさんは本作の
制作に名前が載っていますが不本意な仕上がりだったそうです
おそらく大人の事情でしょうね、一応制作に名前を入れてくれたという形だったのでは
ないでしょうか、実際に制作に携わっていないようですね
内容的には後日譚になりますがヘザーではなく町にとっての後日談といえる内容
です
あの映画の影響の現在の町は感じですね、魔女なんていないのにという町の住人
達でしたが主人公たちに再び魔女の呪いが・・・
しかしその演出的にもラストの真相にしても主人公たちの集団ヒステリーが原因
のような感じですね、最初の夜のドラッグパーティーが分岐になっています
ドラックによる集団ヒステリーがこの事件の真相のようになっていますしね~
しかしラストのオチを含めて個人的には良く出来た脚本だと思います
前作より1年で続編を制作しちゃったための批判だったような感じがします
実際この作品今回で2度目の鑑賞でレンタル開始時に見たときは確かに
文句ばかり言っていました(^^;
やっぱりたったの一年で続編は早かったのかな~しかも売りだったPOVの
フェイクドキュメンタリーが普通の作品になってるし批判が集中しちゃうのも仕方が
なかったのかも今あえて再鑑賞してみると違ってみれましたし
個人的にですけどこの作品はもっと評価されても良いと思います。
movie_02029.jpg movie_02030.jpg movie_02031.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2975-79d02324