ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー
【制作年】2009年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】91分
【原題】STREET FIGHTER: THE LEGEND OF CHUN-LI
【配給】ギャガ
【原作】格闘ゲーム『ストリートファイターⅡ』
【監督】アンジェイ・バートコウィアク
【出演】クリスティン・クルック / マイケル・クラーク・ダンカン / ニール・マクドノー
    タブー / クリス・クライン / ロビン・ショウ / ムーン・ブラッドグッド


【あらすじ】
裕福な家庭に生まれ、大好きな父親にカンフーを習い、幸せいっぱいの暮らしの
中で育った少女チュンリー。しかしある日、彼女の目の前で父親が誘拐されてし
まう。10年後、美しい女性へと成長したチュンリー(クリスティン・クルック)は、悪
の組織に拉致された父親の行方を捜すことを決意し、厳しい修行を重ねて“スト
リートファイター”となる。

movie_02092.jpg

格闘ゲーム元祖ヒロインで今でも一番人気の春麗を主人公にした映画です。
前回ヴァン・ダムさんの『ストリートファイター』の教訓を生かして・・・
はいませんでした。
脚本は完全にゲームの春麗ストーリーとは別になっていてオリジナルになっ
ています。
名前だけ借りた別物と考えていいですね、春麗はインターポールの捜査官
ではなく富豪の娘でピアニストとなっています。
死んだと思われたお父さんがベガに拉致されていることを知り救出しようと
する内容になっています。
movie_02093.jpg

ゲームのキャラとしては元とベガとバイソンとバルログとナッシュがでます
がバルログ以外は名前だけという感じです。
バルログも鉄の爪とマスクしか共通点がなくかなりひどい見た目でした
背は低いですしね、最初は陰だけでやっとまともに姿を見せたと思えば
春麗にあっさり殺されてしまいバルログの存在意義がなかったですね・・・
ゲームファンを納得させるにはやはりゲームに忠実でなければいけませんが
そういう意味ではゲームとは全く違う名前だけかりた別映画といえますね
movie_02095.jpg

春麗役のクックさんは数年前にTVMで制作されていた『白雪姫』の白雪姫を
演じていた方ですね、あのときからかわいい方でしたが今回も春麗役に
あってる気がしました。格闘シーンやアクションシーンでも体を張って
がんばっていたので個人的にですけど春麗は彼女であってるなと言う感じで
す。
movie_02094.jpg

ただダンスホールのシーンでのゲーム同様髪を団子にしていましたが
彼女には似合いませんでした。
戦闘シーンではスピニングバードキックを再現していましたがちょっとださ
かったです。
ブレイクダンスの逆さスピンみたいでかっこわるいんですよね・・・
movie_02096.jpg movie_02101.jpg

ラストではストリートファイトの大会が開催されることとリュウという凄腕
の格闘家が日本に居るという台詞があります。
ゲームとは別という認識で見れば楽しめますね、バルログは爆笑ですし
吹き替えですと春麗を仲里依紗さんがバルログを千原JRでバイソンが千原
せいじが吹き替えていて台無しにしてくれます。
ベガ以外の声優さんはあまりうまくないので字幕の方がいいかもしれません
ね~
movie_02102.jpg

ちなみにヴァン・ダムさん版の『ストリートファイター』の春麗はこちら・・・比べるのは
酷かも
movie_02103.jpg

各キャラクターを演じる俳優さんはこちらです。
movie_02097.jpg

movie_02098.jpg

movie_02099.jpg

movie_02100.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/2992-220f1ed2