ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 私はゴースト

私はゴースト
【制作年】2012年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】76分
【原題】I AM A GHOST
【配給】ピクチャーズデプト
【原作】- - - - -
【監督】H・P・メンドーサ
【出演】アンナ・イシダ/ ジーニー・バロガ / ブルース・ペイン
    エリー・チドジー / スティーヴン・エルダー/ リック・バーカート


【あらすじ】
郊外のある一軒家に、女性の亡霊が取り憑いている。彼女の名前はエミリー
(アナ・イシダ)。エミリーを成仏させようとする雇われ霊媒師シルヴィアの声が響
いてくるが、シルヴィアの姿は見えない。シルヴィアの力を借りながら、エミリー
は成仏できない自分の運命に隠された秘密を紐解いていく……。

movie_02171.jpg

この作品はタイトルの通りゴーストが主人公でゴーストの視点で描かれて
います。
エミリーというゴーストがシルヴィアという霊媒師と交信を持って成仏す
るまでを描いています。
ある意味序盤はゴーストの日常みたいな感じで生前の日常を追体験してい
るさまが描かれつつシルヴィアの声を聞き彼女と話をしながら彼女の因果
を絶とうとします。
movie_02173.jpg

エミリーも自分がゴーストであると認め成仏に対しては前向きなさまが
順調に除霊も進んでいるかのように見えますが・・・問題は彼女が死んだ
理由にありました。
ここで終盤に動きが現れます。
それまでは繰り返し映像でエミリーの追体験を何度もリピートしつつ除霊
が進むにつれ視点が変わりまた因果から解放されたエミリーが自分の追体
験を眺めるという奇妙な現象をみせたりいろいろ工夫されそれぞれの記憶
が最終的に意味を持っていきます。
movie_02175.jpg

脚本がしっかりしており最後まで楽しめました。
エミリー役のイシダさんは日系の方のようでとてもかわいらしいかたで
とても血行も良くて全然ゴーストに見えないんですよね、だから最初は
エミリーがゴーストだとわかっているのですが人間と変わらない姿なので
主人公がゴーストという認識が持ちにくかったです。
movie_02172.jpg

そしてなんと言っても終盤まで彼女の一人芝居が続くわけでシルヴィアの
存在は声だけです。
そんな一人芝居もイシダさんの演技力がリアルで面白く見れました
終盤に出てくる裸のおっさんが一番怖かった映画ですね
ゴーストが主人公だからホラーなのでしょうがゴーストとはいえ一人の
女性を描いたヒューマンドラマという感じの作品でした
最後ちょっとちゃんと成仏できたのか不安が残るラストだったのが不満で
す。
エミリーにはきちんと成仏させてあげたいですね・・・
movie_02174.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3004-bddb9c95