ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 デッド・ノート

デッド・ノート
【制作年】2014年
【鑑賞】DVD
【制作国】イギリス・アイルランド
【上映時間】92分
【原題】LET US PREY
【配給】アメイジングDC
【原作】- - - - -
【監督】ブライアン・オマリー
【出演】リーアム・カニンガム / ポリアンナ・マッキントッシュ / ダグラス・ラッセル
     ニール・グレイグ・フルトン


【あらすじ】
新人警官レイチェル(ポリアンナ・マッキントッシュ)にとって初めての夜勤となる晩
不気味な男(リーアム・カニンガム)が署に連行されてくる。すると、刑務所にいた
7人の男女が次々に悲惨な死を遂げる不可解な事態が起き始める。男が持ってい
た1冊のノートには死んだ人間の名前が書き連ねられており、惨劇を目の当たりに
したレイチェルは……。

movie_02392.jpg

私が住んでいる田舎では上映されませんでしたが劇場公開されたようです。
その際のタイトルはズバリ『デス・ノート』・・・DVD化の際にタイトルが
変更されこのタイトルに・・・デス・ノートで劇場公開しておいて今更で
すけどね、しかし商標登録しているわけじゃないでしょうから『デス・ノ
ート』というタイトルは基本問題はないですよね
movie_02396.jpg

タイトルとジャケットデザインから漫画の方と同じくノートに書き込んだ
人物が死ぬ物だと思ってましたがノーに名前がある人物を集めて殺すという
内容だったんですね、ノートの持ち主の謎の老人が何者であるのか・・・
まあ人ではないようです。そして彼が現れた警察署に何故か犯罪者が集ま
ります
それも逮捕して連行された犯罪者ではありません、そして警察署長まで
実はゲイの殺人鬼だったというオチにはビックリですよね
movie_02394.jpg

なんなんだこの町はという台詞がありましたがまさにという感じです・・・
舞台はこの警察署のみで繰り広げられますが謎の男が次々と彼らの犯罪を
暴き立て操り殺していきます。
movie_02393.jpg

意外と残酷なシーンもあるので油断しない方がいいですよ、主人公の
レイチェルも過去にロリコン変態じじいに監禁され酷い目に遭っていた
過去があります。
彼女に対して謎の男は見方でしたその理由も最後に判明します
彼は集める物狩るのは彼女・・・今後この二人で犯罪者達の魂を集めて
行くのでしょうね、なかなかの犯罪者が集まっており舞台が狭い割に
楽しめました。
ラストの警察署長のぶち切れ方が見事でした。
こんな変態がよくも警察署長までなれたなって感じですね・・・
movie_02395.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3049-3c40394b