ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 SF / ボディ・スナッチャー

ボディ・スナッチャー
【制作年】1978年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】115分
【原題】NVASION OF THE BODY SNATCHERS
【配給】20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
【原作】失われた街 著:ジャック・フィニー
【監督】フィリップ・カウフマン
【出演】ドナルド・サザーランド / ブルック・アダムス / レナード・ニモイ
     ジェフ・ゴールドブラム / ヴェロニカ・カートライト / レリア・ゴルドーニ


【あらすじ】
サンフランシスコの公衆衛生調査官マシューはある日、同僚のエリザベスから
奇妙な相談を受けた。彼女の恋人ジェフリーの様子が最近おかしくなり、以前
の彼とは別人のようになったというのだ。
その翌日、エリザベスがマシューの家に駆け込んで来た。ジェフリーが見知ら
ぬ人たちと密会しており、しかもジェフリーを含めた彼らは、人間らしい感情と
いうものを持ち合せていないように思われたというのだ。

古典SFのなかでも何度も映画化されるほど有名なジャック・フィニーの『失われた街』
の2度目の映画化に当たります。
実際は一番最初に映画化された『ボディ・スナッチャー 恐怖の街』のリメイクに
なるそうです。
白黒でかなり古い作品のようで現在でもレンタルされていないどころかソフト化され
ていません、今年の6月にようやくソフト化されることになっており予約をしました
やっぱシリーズは全部見ないときがすみませんからね、ちょうど良いタイミングでした
『失われた街』『ボディ・スナッチャー』という名前に覚えがなくても近年4度目に
制作されたニコール・キッドマンさん主演の『インベージョン』で聞き覚えがある方
もいらっしゃるかと思います。
次々に夫や奥さん隣近所や同僚が感情のないまるで別人のようになっていくという
恐怖を描いています。
静かなら宇宙人の入れ替わり侵略ものの基礎となった作品ですね
私の好きなイライジャ・ウッドさん主演の『パラサイト』も基礎は『失われた街』で
作品中でも引用されています。
そのくらいSFの中ではメジャーな作品といえますね、もちろん原作を読んでいる
私としてもこの作品は満足できる内容でした
movie_02446.jpg

しかし『インベージョン』は原作を独自解釈してしまい現在に置き換えた結果別物
になってしまっています。
寝てる間にそばに置かれる植物の莢から糸が伸びてターゲットに巻き付き情報を吸
い取りなかで複製が出来ていき完成するとオリジナルはミイラとなってしまい
処分されてしまうと言う・・・結局莢がエイリアン?
movie_02450.jpg

莢が剥けて複製品が出てきてそのままオリジナルに近づいていく映像も挿入されて
おりリアルに複製品が作られていく様が面白いですVFXの技術の見せ所ですね
ここが無粋なCGなどだと逆に不自然になっていますところです。
ねずみ算式にエイリアンに乗っ取られていくさまが怖いですね
SFというより見せ方がサスペンス的に的を絞っているのが面白しろく感じられ
ます。
movie_02447.jpg

ラストはそうなるだろうとは思っていましたが睡魔にはどうしても勝てません
主人公の公衆衛生調査官を演じたのはまだ若いドナルド・サザーランドさんで
ジャックを演じたのはまだ若手の頃のジェフ・ゴールドブラムさんでした。
さすがにまだキャリア不足だった頃ですので演技がザルです。
movie_02448.jpg

ヒロインを演じたブルック・アダムスさんは可愛らしい女優さんでした。
この後さらにこの作品を参考に93年に3度目の映画化がされますがそちらも
出来が良いです。
movie_02449.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3068-7a03f202