ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ブラッディ・バレンタイン

ブラッディ・バレンタイン
【制作年】2009年
【鑑賞】DVD
【制作国】オーストラリア
【上映時間】95分
【原題】MY BLOODY VALENTINE
【配給】ユニバーサル
【原作】- - - - -
【監督】パトリック・ルシエ
【出演】ジェンセン・アクレス / ジェイミー・キング / カー・スミス / ケヴィン・タイ
     トム・アトキンス / エディ・ガテギ / ベッツィ・リュー


【あらすじ】
バレインタインの日、炭鉱夫のトム(ジェンセン・アクレス)は同僚5人を炭鉱に生き
埋めにしてしまう大規模な事故を起こしてしまった。悲劇から10年後、自らが引き
起こした事故のトラウマに悩まされ街を出ていったトムが帰郷する。そんなバレン
タインの夜、炭鉱夫のスタイルでつるはしを持った殺人鬼が街を恐怖に陥れる。

movie_02553.jpg

この作品は81年にカナダで制作された『血のバレンタイン』のリメイク作品になりま
す。
オープニングで激しかった分そのごはそんなに力が入ってません部分部分でそう
いうシーンがあるぐらいです。
タイトルにはバレンタインとありますが惨劇が起きたのがバレンタインデイというだ
けで実質的には炭坑夫の復讐という感じです。
発端は炭坑で昔起こった崩落事故なのだけど主人公は唯一の生存者でもう一人
ハリーは生きてはいるけど意識をとりもどさない状態でした。
movie_02554.jpg

しかしこの事故で死んだ人を調べた結果5人が事故死ではなく他殺だと判明し意
識を取り戻したハリーは看護婦を殺害して逃走そしてその勢いで22人の住民を
虐殺され彼が一連の犯人だと自ら証明するわけです・・・
主人公トムは一人生き残ったトラウマから炭坑にたいして恐怖感を持っており学
生時代にその炭坑でパーティーをやることになりそこで・・・そのときのガスマスク
を持ちツルハシで次々と生徒たちを屠っていくハリーと対峙しハリーと邂逅してしま
った彼はその日を境に町を捨て逃げ出してしまう、そして10年後・・・
movie_02555.jpg

マスクの殺人鬼の正体はだいたい見ていたら検討つきますね、作品自体二人の
うちどちらかだよ~というふうな演出をしてます。
まああのハリーとの邂逅からすでに検討つけていたんだけどね
ただ問題なのは本当にハリーに取り憑かれていたのか精神的なもろさからあの
激しい現場そしてハリーとの邂逅でハリーという人格を作り上げてしまったのか
その辺は・・・見てる人にゆだねるというところなんでしょうかね~
movie_02556.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3105-a5ea4bbf