ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 宇宙戦争 (2005年版)

宇宙戦争
【制作年】2005年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】114分
【原題】WAR OF THE WORLDS
【配給】パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
【原作】H・G・ウエルズ『宇宙戦争』
【監督】スティーヴン・スピルバーグ
【出演】トム・クルーズ / ダコタ・ファニング / ティム・ロビンス / ジャスティン・チャットウィン
     ミランダ・オットー


【あらすじ】
アメリカのある町である日のこと、突然、稲光が何度も地上にまで達するという
異変が起きていた。レイ(トム・クルーズ)は、黙って外出した息子のロビー
(ジャスティン・チャットウィン)を探しにいくため、娘のレイチェル(ダコタ・ファニング
)に留守番をするよういいつける……。

H・G・ウエルズさんの代表作の一つ『宇宙戦争』の2度目の映画化でトム・クルーズ
さんが主演をされたということでこの年以降なんちゃって作品が氾濫しました
また同じくウエルズさんの『宇宙戦争』をトムさん版に便乗してTVMで制作したり
とにかく便乗しまくりでしたね、もちろんどれもが低予算でしたが・・・
オリジナルの映画版は1953年ということもありほぼ特撮映画のようでしたが今回は
CGを使って火星人の侵略をリアルに映像化していました。
またなんといって親日家のスピルバーグ監督とトム・クルーズさんが関わっている
ので随所に日本を感じますよ
トライポッドを最初に倒したのは日本です。
TVでは『セーラームーン』が流れていたり細かい小道具などよく見てみると日本の
ものも多く見て取れます
当時公開自体が日本と同時上映だったですしね、もちろん現代に置き換えている
ので原作とはだいぶん違ってきています
movie_02631.jpg

原作自体火星人に対抗するのが騎兵隊ですし人類最高の武器が大砲でしたからね
また主人公は親子になっていて親子の絆を描いています
しかしトムさん演じる父親は典型的なだめ親父で子供たちから軽んじられていました
奥さんと別れて親権は奥さんへしかし人類の危機家族の危機となり父性に目覚めま

movie_02633.jpg

子供たちの今更なんだという感じも最初だけで必死に子供を守ろうとする姿に次第に
変わっていきましたね
ただラストでしれっと長男が生きていてなぜかお母さんの家に先にたどり着いている
のが納得いきませんが
movie_02632.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3125-bf81a918