ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 バタフライ・エフェクト3 / 最後の選択

バタフライ・エフェクト3
【制作年】2009年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】90分
【原題】THE BUTTERFLY EFFECT 3: REVELATIONS
【配給】ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
【原作】- - - - -
【監督】セス・グロスマン
【出演】クリス・カーマック / レイチェル・マイナー / ミア・セラフィノ / サラ・ハーベル
     ケヴィン・ヨン / リンチ・R・トラヴィス


【あらすじ】
過去と現在を行き来する特殊能力を持っているサム(クリス・カーマック)は、過去
に戻って殺人現場を目撃して警察の捜査に協力する私立探偵をしていた。ある
日、サムの昔の恋人レベッカ(ミア・セラフィノ)の姉リズ(サラ・ハーベル)が現われ
て、10年前にレベッカを殺した真犯人を捕まえてほしいとサムに懇願するが……。

このシリーズは1作目から内容は関係ないですね、主人公にタイムスリップ能力が
あるということだけが共通項でどの作品も独立したお話になっています。
しかし今回はそちら方面の権威の教授と友人であるためにタイムスリップさいの
準備が行き届いていますし現在を変えないように傍観者に徹し現在で犯人を
警察に教えるという方法をとっています
犯罪を未然に防ぐとバタフライ効果で現在が大幅に変わってしまう
自分が関わり助けることで自分の現在も変わってしまうわけですから傍観して
現在で犯人を逮捕させるというのは理にかなっているとは思いますが
やはり救えるのにという思いはつらいところですよね~
movie_02639.jpg

今回は連続猟奇殺人鬼を自分の能力で捕まえるということをベースにしてい
る殺人鬼物サスペンスになってます。
まあ1作目からそうなんだけどこの作品でもやはり主人公は頭が悪くよく考えて
行動しないんです。
いやいやしなきゃいけないことはそれじゃないじゃんって
連続殺人鬼の話なので殺害描写までしっかりしていて結構グロ系でそれだけで
も前2作と大きく違っていますね、基本的に恋人を救いたいというコンセプトは
守られてはいます。
またエンディングでもそじゃないじゃんというのも3作共通ですね
また最後の選択も間違ってるよね、そのものを消しちゃダメでしょうという話で
犯人がああなったのは二親が死んだからだと思うんです。
事実犯人自身があのとき主人公に救われたから主人公のために生きようと決
めたといってますしね、嫉妬で人を殺していくという精神状態になったのもやはり
親がいなかった主人公に依存してしまったという部分が多いと思います。
movie_02640.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3126-10ea8ae5