ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ダークスカイズ

ダークスカイズ
【制作年】2013年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】96分
【原題】DARK SKIES
【配給】ワーナー・ブラザーズ
【原作】- - - - -
【監督】スコット・スチュワート
【出演】ケリー・ラッセル / ジョシュ・ハミルトン / ダコタ・ゴヨ / ケイダン・ロケット
     J・K・シモンズ / L・J・ベネット / リッチ・ハッチマン


【あらすじ】
夫のダニエル(ジョシュ・ハミルトン)が失業中であるものの、その妻レイシー(ケリー
・ラッセル)の稼ぎで長男ジェシー(ダコタ・ゴヨ)と次男のサム(ケイダン・ロケット)を
懸命に育てているバレット一家。そんなある日、レイシーは奇妙な耳鳴りに襲われ
家の中に何かが潜んでいるのを感じ取る。それを機に家族が怪異現象にさらされる
ようになり、精神的にも追い詰められていく。一向に消えようとしない不気味な気配
の正体を突き止めようと、ダニエルは6台の監視カメラで家の中の様子を録画するこ
とに。

パッケージを見ると『インシディアス』?って感じでてっきりオカルト系かと思ってま
したが、アブダクションもののSF作品でした。
どうやら製作者さんはパラノーマルシリーズを手がけた方だそうで確かに雰囲気
が似ている内容といえますね、出だしはまるで心霊現象のような現象が起こり始
めます
そのうちに幼い次男に何かが接触しているようです
最初は両親二人とも信用しませんでしたが突然に自分たちにも不思議な現象が
起こり始めます
movie_02693.jpg

まるで何かに取り憑かれているもしくは操られているかのように、アブダクションも
のですがいろいろ小細工して最終的に連れ去っていくという感じで恐怖描写が
あるわけでもなく誰も死人が出ないことなどから比較的盛り上がりに欠ける
ところがありますね、小さな減少が続き後半多少これは宇宙人にやられてるよね
というような演出が見られる程度となっています
ちょっとだれる部分もありますが全体的には怖いのがだめな方でも大丈夫な内
だといえます。
movie_02695.jpg

終盤にエイリアンが姿を現しますが・・・正直最後まで姿を写さない方がよかった
かなって思いました。
UFOが現れてターゲットを連れ去るようなシーンでもあればお~ってなるんです
けどね~
全員が連れ去られるわけではなくターゲット以外の家族は実験材料という
割り切っているエイリアンもなんだかおかしいです。
最初に接触した子供を連れ去る・・・
長男君を演じたのは『リアルスティール』のダコタ・ブヨくんあのときはまだ幼さが
残って愛らしかったですが、身長も伸びて少し大人びてきています。
まだかわいらしいですよ
movie_02694.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3137-6f03731c