ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 インビジブル

インビジブル
【制作年】2000年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】112分
【原題】HOLLOW MAN
【配給】ソニーピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】ポール・ヴァーホーヴェン
【出演】ケヴィン・ベーコン / エリザベス・シュー / ジョシュ・ブローリン
     キム・ディケンズ / ジョーイ・スロトニック / メアリー・ランドル


【あらすじ】
天才科学者のセバスチャンは、透明人間に関する国家最高機密の研究プロジェ
クトを行ってきた。成功を全て自分のものにしたいセバスチャンは、ついに自ら人
体実験の被験者になる。だが、透明化には成功するものの元の姿に戻ることが
できず……。

H・G・ウェルズさんの古典SF『透明人間』モチーフにしたホラー・サスペンス作品で
すね、なんといってもこの作品の醍醐味は透明人間の描写でしょうかCG技術を
ふんだんに使用して表現されておりもちろん役者さんの一人芝居も重要ですが
見事な映像となっていますよ、特に主人公が透明になるシーンに逆にゴリラが
元の姿に戻るシーンはちょっと気持ち悪いですけど必見です。
movie_02716.jpg

この作品は政府のプロジェクトだった透明化計画を自分の手柄にしようと先走り
自分自身で人間の人体実験をしてしまったことが原因です
動物同様に透明化にはあっさり成功したもののゴリラに聞いた元に戻る薬が人間
に効かなかったために主人公が元に戻れなくなってしまいます。
movie_02717.jpg

そんな中で長時間の透明化に動物同様主人公の精神が徐々におかしくなってい
き、プロジェクトを中止に使用としたヒロインたち仲間を手にかけていくという内容
になっています
実験最初は主人公も余裕があり透明な事をいいことにエッチないたずらをしたり
男子が透明になたらしたいだろうなということを実践していて面白かったです
movie_02721.jpg

しかしその欲望と性欲は犯罪に手を染めてしまうほどになったのはやはり長時間
透明化でいることの副作用なのかもしれません、短絡的に関係者を始末しようと
いう発想も本来の主人公だったら思わないし実行しないはずです
まあ人間的に問題はある性格の主人公でしたが・・・
movie_02719.jpg

そんな主人公を演じるのは当時悪役を演じることが多かったケヴィン・ベーコンさ
んで中盤以降は透明人間になるので素顔をが見れるのは序盤だけだったりします
ヒロインは『バック・トゥー・ザ・フューチャー』のヒロイン役だったエリザベス・シュー
さんでした。
今見ても面白い作品ですね
movie_02720.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3153-2109a0ad