ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 スティーブン・キング 血の儀式

スティーブン・キング 血の儀式
【制作年】2014年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】79分
【原題】MERCY
【配給】ユニバーサル
【原作】スティーヴン・キング『ミルクマン』内の『おばあちゃん』
【監督】ピーター・コーンウェル
【出演】フランシス・オコナー / シャーリー・ナイト / マーク・デュプラス
     チャンドラー・リッグス / ジョエル・コートニー / ディラン・マクダーモット


【あらすじ】
ジョージ一家と祖母・マーシーが食事中、突然倒れた祖母は「彼が来る…」と言
って暴れ始める。祖母の面倒を看ることになったジョージたちは、神父から彼女
のある悲劇について聞かされる。

邦題にも使われているように原作はスティーヴン・キング氏です。キング氏の小説
は大好きでほぼ読破しているのですがこのタイトルの作品知らないなと思いました
ら映画用に改題されてたんですね、原作は扶桑社さんから発売されている
キング氏の短編集『ミルクマン』に収録されている『おばあちゃん』になります
だったら読んでますよ(^^;
ちなみに映画の原題はおばあちゃんの名前になります。
原作とはだいぶん変更点が多くあまり原形をとどめていないような気がしますが
こちらはこちらでキングらしさが出ていて面白かったです
キング氏の初期の作品は子供が主人公の作品が多いですがこの作品もおばあち
ゃん大好きなジョージと彼ら家族がおかしくなったおばあちゃんを世話する中で
怪現象が起こり出すという内容です。
原作では主人公がおばあちゃんを怖がるのですが映画では真逆になっています
ジョージだけがおばあちゃんの味方という感じで好感が持てますが
やはり事件と関わらなかったのに2度も大けがをしてしまう将来はパティシエにな
りたいお兄ちゃんが可哀想だった。
自宅でパーティーの時に彼が手に入れた手巻き寿司を生だと文句を言い火を通
そうとする馬鹿にはもっといってやってほしかったな
movie_02789.jpg

実は怖くなるのは中盤以降でそれまでは精神を病んだおばあちゃんの介護など
シーンが多く家族とおばあちゃんの関係など描かれており正直退屈でした。
家族の話ではジョージの知らないおばあちゃんが垣間見えてきます。
オープニングがすばらしかっただけに期待したけど残念です。
しかしあのオープニングもしっかり意味はあるので終盤まで我慢ですね
ジョージにしか見えない金髪の少女も見えない友達という設定ですが彼女も
終盤に意味を持ってきます。
それまで物語とあまり絡んできません、彼女の正体を知ればなぜジョーイのそば
にいるのか納得できます
movie_02790.jpg

この作品はH・P・ラヴクラフトが想像した『クトゥルー神話』の知識があればもっと
楽しめます。
キング氏はクトゥルー神話の影響を受けた作品も多くこの作品で映画化される際
にクトゥルー神話の旧支配者と呼ばれる絶大なる力を持った神ハスターを
おばあちゃんを操った存在として登場させています
クトゥルー神話の話をすると長くなるので神話と旧支配者ハスターについては
興味があれば調べてみてください
クトゥルー神話は様々なゲームにも登場するのでゲーム好きの方にはある程度
知識があるかもですね
有名どころではクトゥルー神話を題材にしたPCE初のRPGで名高い『邪聖剣ネクロ
マンサー』や女神転生シリーズではクトゥルー神話の旧支配者たちが登場しますよ
私もマニアというほどではないですがクトゥルー神話は大好きです。
movie_02788.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3173-99debae2