ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ゴースト・ハウス

ゴースト・ハウス
【制作年】2007年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ / カナダ
【上映時間】90分
【原題】THE MESSENGERS
【配給】ポニーキャニオン
【原作】- - - - -
【監督】オキサイド・パン
【出演】クリステン・スチュワート / ディラン・マクダーモット / ペネロープ・アン・ミラー
     ジョン・コーベット / エヴァン・ターナー


【あらすじ】
大都会シカゴを離れ、ノース・ダコタの人里離れた農場に引っ越してきたソロモン
一家。失業中の父ロイ(ディラン・マクダーモット)はここでのヒマワリ栽培に賭ける
一方、家族の心をバラバラにした問題児の長女ジェス(クリステン・スチュワート)
の存在に頭を痛めていた。そんな中、ジェスは家の中で怪現象の数々に遭遇し始
める。

オープニングにやられましたね、あのシーンが何を意味するのかどう表現してい
たのかが分かれば真相は見抜けますよ、何となく違和感を感じていたのだけど
ラストでようやくその違和感も分かりました・・・消してたのかよ・・・これがヒントか
な、屋敷にすむ霊たちがジェスとベンの二人にしか見えない、しかもジェスは前
の土地で事故を起こしてベンの言葉を奪ったということで親から特に母親からよ
く思われていないので彼女が見たこと体験したことを信じてくれません、そうして
いる家に心霊現象が子供達を襲います。
しかし彼らは何を訴えているのだろう?そこがポイントでした。
この作品は屋敷に住む霊たちがジェスに追体験させることでこの屋敷で起こっ
たことを知らせようとします。
また一人の男が雇われたことで霊たちはその男の正体を知らせようとしますが
ジェスのいうことを親が信じないことから、ジェスとベンだけではなくお母さんの
前に姿を現すのでした
しかしその頃には記憶を取り戻し異常になった男が暴れ始めます
霊たちの正体が前の持ち主だったことに気がついたジェスは引っ越してきて仲良
くなった少年と共に確認をするために行方不明の掲示板を見に行くのでした。
そこで見たものは・・・
movie_02845.jpg

ホラーですが描写的にはきつくないです。ビジュアルで攻めると言うよりはジャパ
ニーズホラー系の怖がらせ方をさせます。
スプラッターな描写はないのでそういう怖がらせ方が苦手な人にはいいかもしれ
ません、しかし内容的にはこういう設定のホラー作品はB級映画などでよく見かけ
ます。
ホラー好きの方には大体内容がばれちゃうかもしれないですね、しかし館ものの
ホラー作品はそんなに多く何ので貴重な作品といえますよ
movie_02844.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3197-79dd9ff9