ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 サイコ・シスター 呪われた修道女

サイコ・シスター
【制作年】2005年
【鑑賞】DVD
【制作国】スペイン
【上映時間】101分
【原題】LA MONJA
【配給】ギャガ
【原作】- - - - -
【監督】ルイス・デ・ラ・マドリット
【出演】アニタ・ブリエム / ベレン・ブランコト / クリスチーナ・ピアジェット
     パウリーナ・ガルベス


【あらすじ】
謎の死を遂げた母の死因を探るエヴァは、母が幼少期に通った修道院を訪れ
る。そこで起こった陰惨な殺人事件について知った途端、彼女の周囲の人間
が次々に殺されてしまう。

オープニング途中までサスペンスもの?と思ってみてたんだけどキッチンの水か
ら修道女が現れて「お~」と思った。なかなかかっこいいです。
主人公のお母さんが彼女に殺されるのを見てから修道女の霊とお母さんとの
因果関係を調べ出そうとする主人公ですが、お母さんのお友達に会いに行くた
びに一足違いで修道女の霊に殺されてしまう、いったい彼女たちと修道女の霊
の関係は?まあ見てたらだいたいピントくるんですが、修道女の霊がオープニ
ングで出てきたシスターであるのは間違いなく、霊体が水である以上水死した
のは間違いない、しかもお母さんとその友達のみを標的にしているので彼女た
ちに水死させられ今恨みを晴らそうとしていると言うことは前半で読めます。
movie_02933.jpg

まあなぜ今になって?というのが疑問でしたがそれは後半に分かります。
幽霊のくせに見立て殺人をしてるんだけどかなり強引な設定だった。
でも逆に考えると霊の仕業だから可能なのかもしれません・・・
ラストで真相が判明しますがなぜか主人公の幼なじみが推理し切れていると
ころが腑に落ちないんですよね、あの情報量でそこに行き着くなっておまえは
ホームズかって(^^;
その説明とともに犠牲者たちが死ぬとき実際はこうだったという映像が流れま
すがなんかつじつまが合わないきがする・・・特にエレベーターのシーンは
彼女には無理でしょ
movie_02934.jpg

それは差し引いても水が多く効果的に利用され映像的にも美しかった
し後半は雨が降る中でのてんかいでしたし雰囲気がすごくよかったですね
クビチョッパーなシーンなど描写的にグロいので苦手な方は注意してもらいた
いですけど
ホラー映画好きなら一度は見てもらいたい作品ですね
ハリウッドではなくスパニッシュホラーなので型にはまっていないところも
好感がもてます
主演は若手の頃のアニタ・ブリエムさんですね
movie_02935.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3264-2a77ea6b