ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 BONES ボーンズ

ボーンズ
【制作年】2001年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】96分
【原題】BONES
【配給】クロックワーク
【原作】- - - - -
【監督】アーネスト・R・ディッカーソン
【出演】スヌープ・ドッグ / パム・グリア / マイケル・T・ワイス
     クリフトン・パウエル / リッキー・ハリス / カリル・ケイン


【あらすじ】
クールでハンサムな街の顔役ボーンズ(スヌープ・ドッグ)はある日幼馴染のジェレ
マイア(クリフトン・パウエル)にドラッグ取引を持ちかけられる。ドラッグ嫌いの
ボーンズは話を断るが、裏切られ惨殺されてしまう……。

movie_03015.jpg

館もののホラーですがどちらかというとストーリー重視デスね、スプラッターシーン
もあるし気合いも入ってる、ただ後半突然コメディー色になるのはちょっといただけ
なかったですね出演者がほとんど黒人というのも変わってるかも、女性陣はみん
なさんおきれいなかたばかりでした
狼が人を襲っているのでてっきり狼男物のホラーかと思っていました。
町をまとめるボーンズという大物が幼なじみの部下と悪徳警官にだまされて屋敷で
殺されてしまいます。
movie_03016.jpg

それからその屋敷に入った人は狼に襲われ殺されるようになるという感じです
だました幼なじみは町を出てお金持ちになりその屋敷を買い取り人手に渡らない
ようにしていましたが彼の馬鹿息子が親に内緒で屋敷をかいダンスホールにしてし
まい、地下で眠るボーンズは化身の狼となり人々を食べることで蘇りに成功し
自分をおとしめた物達に復讐を開始するという感じです。
movie_03018.jpg

やはり後半までは雰囲気良くホラーしていたのでボーンズが復活してから突然コメ
ディー調になったのがもったいないですね~
しかしB級ホラー作品としては十分満足できる内容でした(^^)
ボーンズを演じたのは当時有名ラッパーだったスヌープ・ドッグさんです。
movie_03017.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3289-120c218c