ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 P2

P2
【制作年】2007年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】97分
【原題】P2
【配給】ポニーキャニオン
【原作】- - - - -
【監督】フランク・カルフン
【出演】レイチェル・ニコルズ / ウェス・ベントリー / フィリップ・エイキン
     グレース・リン・カン / ステファニー・ムーア


【あらすじ】
クリスマス・イブ、たった一人で遅くまで人残業していたアンジェラ(レイチェル・
ニコルズ)は、仕事を済ませ地下駐車場に向かう。しかし車のエンジンがかか
らず、ビルから出られなくなって途方に暮れていると、何者かに襲われ意識を
失ってしまう。意識を取り戻した彼女は、足かせをはめられ警備員室の中で監
禁されていた……。

movie_03144.jpg

この作品は主人公を女性にしてストーカーの警備員に監禁され彼から逃げだそ
うとする内容です。
彼女を監禁した犯人は彼女を捕まえようとするときにもう顔見せてます
まあ基本的に舞台は駐車場と一部ビル内で二人芝居に近いのかも・・・
低予算ではあるけど監禁物にすると言うことで登場人物も少なくして舞台も一カ
所にして後は演出と脚本勝負といったところです
全体的にグロイシーンはワンシーンだけです。セクハラ上司に対する演出
だけでした。
movie_03147.jpg

彼もかわいそうですね、自業自得とは思えないんだけど、彼女も言ってたけどお
酒に酔った上での行為だしその後きちっと謝罪しています。
警備員の話では日常的らしいけどね、それでもあんな目に遭うほどのことでは
ないですよね、あの映像を会社の上層部に見せるか彼女にセクハラで訴えると
きの証拠ビデオとして渡すなり彼に対する復讐の手段はいっぱいあるよね、後
犬がかわいそうだったかなと思うけど正当防衛だし・・・
movie_03148.jpg

犯人に対する最後の手段はそれこそ自業自得だと思う、生かしておいたら何度
でも同じことをしてるだろうしね、しかし彼の彼女に近づいた理由がいつも一人で
寂しかったから友達になってほしかったって・・・ストーカーって一種の頭の病気
の一つなんじゃないかなと思う、あそこまで計画たてて警備員室に監禁してって
彼女がおとなしくしていたらクリスマスパーティーだけで満足していたのか?って
とこが見てみたかったかも、映画だからかもしれないけど見た目だけなら十分
イケメンなんだけどね・・・まああれではイケメンでも恋人も友達もできるはずがな
いって感じです
ちょっと彼女が捕まってなおかつ逃げ出そうとするまで実際にサスペンスになる
までが長いのがちょっと残念ですかね
movie_03145.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3325-0792843f