ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ドクター・モローの島

ドクター・モローの島
【制作年】1977年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】97分
【原題】THE ISLAND OF DR. MOREAU
【配給】20世紀フォックス
【原作】H・G・ウェルズ 『モロー博士の島』
【監督】ドン・テイラー
【出演】バート・ランカスター / マイケル・ヨーク / バーバラ・カレラ
     ナイジェル・ダヴェンポート / リチャード・ベースハート / ニック・クラヴァット


【あらすじ】
船の難破から生き延びた青年ブラドックが、天才科学者モロー博士の暮らす孤島
に漂着。そこでは獣を人間に変える狂気の実験が繰り返されていた

この作品はH・G・ウェルズ原作の『モロー博士の島』の映画化になります。
難破した船からボートで脱出した主人公がたどり着いたのは地図にも載ってい
ないような島でした。
しかしそこには人がいて助けてくれたのは彼らです。
彼らの住む家に招待されそこで見たのは人間離れした顔と仕草の使用人達で
した。
そうこの島の主は人間のDNAと動物たちを組み合わせて新しい人類を作ろうと
しているモロー博士の島だったというお話です。
movie_03324.jpg

そこに住んでいる美しい女性と恋に落ちますがこの島のと言うよりモロー博士
の狂気を知った主人公はヒロインと島を抜け出そうとしますが・・・
この島には2年後にしか船が来ないそうです。
実験いつ飼う動物や人はどこから調達しているのかと思ってましたが
そういうことでしょう、しかしそれでも動物はともかく人に関してはちょっとやばそ
うですね、モロー博士人間らしく生きろと強制されている半獣人たちですが
博士の作った掟にしたがい人間を忘れないようにしていましたが
movie_03325.jpg

結局島の洞窟に追いやられていて放置されているのだから意味がないと思う
原作でもそうですが結局野生が勝ってしまい進化なのか退化なのか・・・
動物に戻ることがもしかしたら進化だというのでしょうか?
哲学的なことはわかりませんが最初に掟をやぶっった主人公とモロー博士を
彼らは許さなかった。
映画としてはモロー博士の狂気という部分がいまいちだったけど原作ほど
狂気の部分が描かれていれば面白かったのにと思います。
何度も映画化されているの順を追って鑑賞してみたいと思います。
movie_03326.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3386-ae6e5f0f