ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【プレイ日記】 討鬼伝 極 [全章 - ミタマ集め その6]

game_03149.jpg
【メーカー】コーエーテクモゲームズ
【プラットフォーム】プレイステーション4
【メインキャラ】ねむりねこ
【シナリオ】ミタマ集め


◇◆◇ 蔦屋お芳 ◇◆◇
game_03206.jpg

[種類]


[解説]
江戸時代中期の女性。アイドル。二十軒茶屋の水茶屋・蔦屋の看板娘。江戸谷
中の笠森稲荷門前の水茶屋・鍵屋の看板娘・笠森お仙や浅草寺奥山の楊枝屋
・柳屋の看板娘・銀杏お藤と並んで「明和の三美人」と呼ばれた。鈴木春信の浮
世絵のモデルとなり、人気を博した。水茶屋とは茶や団子などを出す軽い飲食
店で、看板娘で人気を争っていた。当時、浮世絵のモデルは花魁などから素人
っぽい彼女たち町の看板娘に移っていた。



◇◆◇ コノハアサクヤ ◇◆◇
game_03207.jpg

[種類]


[解説]
日本神話の女神。火の神として、または逆に水の神として火の力を鎮めるため
富士山に祭られている。彼女は美しかったが、姉のイワナガヒメは逆に不美人
だった。天孫降臨の際、ニニギはこの姉妹を妻とするように、と言われたが、イ
ワナガヒメのほうは断ってしまった。コノハナサクヤヒメは名の通り花のような繁
栄を、イワナガヒメは名の通り岩のような永遠を象徴しており、このためニニギ
とその子孫は永遠の命を得られなかった。



◇◆◇ 蜷川新右衛門 ◇◆◇
game_03208.jpg

[種類]


[解説]
室町時代の政治家、芸術家。連歌師。新右衛門は代々の蜷川家当主が名乗る
通称で、名は親当という。6代将軍・足利義教の時代、政所代(財政・領土訴訟
を管轄する役所の上級職)を務める。義教死後出家し、智蘊と号し連歌の道に
進む。連歌の大家・宗祇により、「連歌七賢」の一人に選ばれ、連歌中興の祖と
呼ばれた。晩年、一休宗純と交流があったことが、子・親元が記した『親元日記』
からうかがい知ることができる。



◇◆◇ 立花宗茂 ◇◆◇
game_03209.jpg

[種類]


[解説]
安土桃山時代から江戸時代初期の武将。はじめ大友宗麟の家臣だったが、のち
に天下人・豊臣秀吉に認められて、大名に取り立てられた。九州一の勇将で「西
国無双」「剛勇鎮西一」と讃えられる。一方で、連歌、書道、茶道、香、蹴鞠、能狂
言、笛など万能に達した文化人でもあった。家臣を大事にし、家臣からも大変慕
われていた。関ヶ原の戦いで西軍につき、敗れ、所領を没収されたが、のち元の
領地に返り咲き、江戸幕府に重用された。



◇◆◇ 十返舎一九 ◇◆◇
game_03210.jpg

[種類]


[解説]
江戸時代後期の芸術家。戯作者。当時、町人の識字率が上がってきたこともあり
、弥次さん喜多さんの旅物語『東海道中膝栗毛』が大当たりし、文筆業で生計を
立てた国内最初の作家の一人となった。多才で、浮世絵、狂歌ほか、文例集など
まで公刊していた。辞世の句も狂歌で「此世をばどりやおいとまにせん香とともに
つひには灰左様なら」。自分の死体に花火を仕込んでおき、火葬場で着火させて
激しく打ち上げたという伝説を持つ。



◇◆◇ 卜部季武 ◇◆◇
game_03211.jpg

[種類]


[解説]
平安時代中期の武将。源頼光の郎党で頼光四天王の一人。弓に優れ、糸で下
げた針を射抜くことができた。酒呑童子、土蜘蛛討伐に参戦。肝試しのため、出
会った人間に子を抱かせる妖怪・産女の赤ん坊を抱いた。産女が子を返せ、と
追ってきたが、季武は返さず逃げ切ることができた。神楽の中には、平将門の
娘・滝夜叉姫に頼光が持つ名刀・髭切を奪われ、同じく四天王の碓井貞光と共
に滝夜叉姫を倒し、奪い返す話がある。



◇◆◇ 曾我祐成 ◇◆◇
game_03212.jpg

[種類]


[解説]
鎌倉時代初期の武将。曾我十郎の名で仇討ち物語『曾我物語』の主人公として知
られる。曾我時致こと曾我五郎の兄。所領争いで実父を殺され、曾我氏の養子と
なる。源頼朝が富士の裾野で巻狩を行った際、弟と共に仇を討ち、その後、頼朝の
宿所を目指すも、その途中で討たれた。この時、頼朝が一時行方不明となり、頼朝
の弟・源範頼が「私が控えております」と言ったことから野心を疑われ、粛清される
こととなった。



◇◆◇ 茶々 ◇◆◇
game_03213.jpg

[種類]


[解説]
安土桃山時代末期から江戸時代初期にかけての女性。淀殿、淀君とも呼ばれる
北近江の大名・浅井長政とお市の娘。妹に初、江。戦国一の美女と謳われた母
に似て、長身で美貌の持ち主であったという。豊臣秀吉の側室となり、秀頼を生
んだ。秀吉の死後は豊臣家の実権を握る。関ヶ原の戦いの勝者である徳川家康
と対立したため、大坂の陣が勃発。二度に渡る激しい攻撃を受け、大坂城が落城
すると、茶々は秀頼とともに自害した。



◇◆◇ 細川ガラシャ ◇◆◇
game_03214.jpg

[種類]


[解説]
安土桃山時代の女性。明智光秀の娘。光秀が本能寺の変で謀反し、3日天下
の後、敗死すると、夫・細川忠興により軟禁監視下に置かれた。忠興が九州に
出兵した隙に受洗してキリスト教徒となる。関ヶ原の戦いで忠興が東軍につい
たため、西軍の石田三成に人質に取られそうになったが、自害してこれを拒否
した。彼女の死を深く悲しんだ忠興は、この危機を生き延びた長男夫婦と絶縁
西軍に降伏した父とも、険悪な仲になったという。



◇◆◇ スサノオ ◇◆◇
game_03215.jpg

[種類]


[解説]
日本神話の神。イザナギとイザナミの子。アマテラスやツクヨミの弟。母のいる黄
泉に行きたいと泣き、父・イザナギの不興を買ったが、姉・アマテラスと誓約(うけ
い)をして神々の国・高天原に留まることを許された。しかし乱暴を働いたため、
姉・アマテラスは天の岩戸に隠れ、スサノオは追放される。出雲でヤマタノオロチ
を退治し、天叢雲剣を手に入れ、日本最初の和歌を詠んだ。また体毛からさまざ
まな樹木を創り出したという。



◇◆◇ 宍戸梅軒 ◇◆◇
game_03216.jpg

[種類]


[解説]
日本神話の神。月と夜を統べる。『古事記』では、イザナギが死んだ妻・イザナミ
を取り戻そうと黄泉に入り、黄泉醜女に追われ逃げ帰った際、みそぎをしたとき
に右目から生まれたとされる。左目から生まれた太陽神・アマテラスの弟であり
鼻から生まれた暴風雨と夜の神・スサノオの兄。彼ら三神は「三柱の貴子」と呼
ばれ、日本神話上、重要な役割を持つ。スサノオと一部の伝承が重複することか
ら、同一神とする説もある。



◇◆◇ 山岡鉄舟 ◇◆◇
game_03218.jpg

[種類]


[解説]
江戸時代末期の武士。剣豪・塚原卜伝の子孫で剣の名手。新陰流、北辰一刀流
の使い手。書、禅にも達していた。西郷隆盛が「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命も
いらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられ
ない」と評した。西郷と勝海舟の会談の前に単身、西郷と談合。江戸無血開城を
成し遂げた。その時「朝敵・徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」とうそぶきな
がら、官軍の中をゆうゆうと通ったという。





ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3406-b8d9d5f2