ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 もしも昨日が選べたら

もしも昨日が選べたら
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】107分
【原題】CLICK
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】フランク・コラチ
【出演】アダム・サンドラー / ケイト・ベッキンセイル / クリストファー・ウォーケン
    デヴィッド・ハッセルホフ / ショーン・アスティン / ジェニファー・クーリッジ


【あらすじ】
仕事優先で家族を顧みない建築士のマイケル(アダム・サンドラー)は、スーパー
の怪しげな店員モーティ(クリストファー・ウォーケン)から人生を操作できるリモコ
ンを与えられる。早速使い始めたマイケルはペットの吠え声を消音したり、妻ドナ
(ケイト・ベッキンセール)との口論を早送りしたりと、面倒なことをすべて回避しよ
うとする。

なぜかアダム・サンドラーは日本受けしないんだよね、ほとんどがビデオスルーな
んだけど、この作品にしても面白いんだけどな~
この作品は家庭よりも仕事を優先してしまう主人公がひょんなことから万能すぎ
るリモコンを手に入れる、仕事=出世を優先するあまり家庭での生活でめんどく
さいこと時間がもったいないことを早送りするあまりリモコンのAIが自動関知して
本人の意志とは関係なく時間を早送りするようになります。
movie_03044.jpg

そして彼はどんどん未来にいき早送りが終わるまでの自動起動の自分の行動
を覚えていないゆえに周りの変化に対応できなくなる、巻き戻せばいいの?
しかしなぜか巻き戻しができない時間だけはどんどん彼の意志とは裏腹に進ん
でいくそして彼が見た自分自身は酷い人間になっていました。
時間は取り戻すことはできない後悔することもできないままどんどん年をとって
いく、彼のなかでは1日という感覚でも実質何十年もたっているわけであらゆる
ことが自分の意志とは裏腹に進んでいることに愕然とする気がついたら自分は
死に近づいていた。
そして愛する息子は自分と同じ過ちを繰り返そうとしている、彼は自分が家庭
を顧みなかったことで起こったこのことを教訓に命をかけて息子をさとそうとす
る・・・
movie_03046.jpg

前半はとにかく面白く笑った。
リモコンの機能をいかしたギャグが面白かった。中盤以降はだんだん悲しくなっ
ていき後半は泣いてしまった。
自分の人生はなんだったのだろうと生き急いでいたのは自分だった。
仕事を最優先する結果がこれだ、時間は戻らない進むだけ、限られた時間を
どう過ごすかが人生をよりよいものにする愛するものを失ってからでは遅い
人生の教訓を感じる作品でした
movie_03045.jpg

クリストファー・ウォーケン演じるモーティーの役割はまさにこれだったんじゃな
いかな、主人公に人生と時間についてリモコンを利用して主人公の生き方がど
ういうことなのか教訓を見せたんじゃないかな、確かにリモコンを使ったのは
主人公だし彼が選択してリモコンを操作した。
戻れないリモコンで時間だけが進む「後悔」ということを教え込んだ、彼が最後
まで何も得なかったら彼はそのまま魂を運んでいったんじゃないだろうかと思う
彼の大切な家族たち、何をおいても夫のことを気にかけ夫のために尽くす妻を
演じたケイト・ベッキンセールはめちゃ美人だった。
ベンとサマンサの二人の子供は素直でとても可愛いらしい子供で彼らを不自由
のない生活を送らせてあげたいという思いがいつしか彼らを拒絶する形になっ
ていた。
飛んでいく時間の中で彼らがどれだけ大切な存在だったか、スケベ犬も父と母
も亡くしてその存在の大きさを痛感します。
ほんと時間の大切さが身にしみたな~お金や出世のために時間を使うのか夢
のために愛するもののために使うのか、それは自由ですが使った時間は決して
戻ってこないことを忘れないようにしないといけないよね
movie_03043.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3409-0c1c53a2