ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 空飛ぶペンギン

空飛ぶペンギン
【制作年】2011年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】94分
【原題】MR. POPPER'S PENGUINS
【配給】20世紀フォックス
【原作】リチャード・アトウォーター『ポッパーさんとペンギン・ファミリー』
【監督】マーク・ウォーターズ
【出演】ジム・キャリー / カーラ・グギーノ / アンジェラ・ランズベリー
     クラーク・グレッグ / オフィリア・ラヴィボンド / マデリン・キャロル


【あらすじ】
仕事は順風満帆だが家庭は崩壊寸前のトムの下に、父親の遺産として生きた
ペンギンが送られて来る。大暴れするペンギンたちに悪戦苦闘する中、それ
が別居中の家族にバレてしまい…

ジム・キャリーさんとペンギンたちそして親子の絆の再生を描いたコメディ・ドラマ
になります
顔芸は封印してごく普通な演技をされていますよ、オープニングでもわかるように
お父さんは子供の頃に探検に出かけて一度も帰ることなく南極で死んでしまいま
す。主人公との交流は何年かに一度の無線交信のみそれでも子供時代は満足で
したが思春期に入ってからは・・・大人になり父親のようにはなりたくないという
気持ちがありながら奥さんと離婚し二人の子供の親権はお母さんに彼は仕事に
のめり込み不動産会社の共同経営者に手が届きそうな大事な時期になりました
そこへ亡くなったお父さんからの遺産として送られてきたのは1匹のペンギンでした
そのペンギンを送り返そうとしましたが相手の聞き取り違いで数羽のペンギンが
追加で遅れてしまいます。
movie_03427.jpg

迷惑でしかないペンギンたちでしたが子供達が喜び家に音つれる機会が増えたこ
とでトムはペンギンを育てることに、しかし引き取りに来た動物園の園長にその
ペンギンが珍しい種類と言うことを知られペンギンを狙われてしまいます
あからさまに盗もうとするわけではなく彼が手放すように何かと口を挟むようにな
るのでした。
いまだに愛する元奥さんと子供達の愛情を取り戻すためにだったペンギンたちも
いつしか我が子のように思うようになるトム、仕事で橋夕を命じられたレストランは
チチとの思い出の場所でした。
movie_03430.jpg

彼は出世のために買収計画を進めようとしますがふさわしい人物にしか引き渡さ
ないというオーナーに苦労します。
彼女はトムのことを覚えていました。彼がどういう大人になったのか彼女はそれが
知りたかったのだと思います。
CGとはいえペンぎんたちの行動が可愛いです
元奥さん役にカーラ・グギーノさんが、子供二人も可愛らしいです。
ティーンエイジャーの長女が男子のことで悩む姿はリアルで面白かったです。
確かに男親にはアドバイスは難しいですよね~
この作品はリチャード・アトウォーター氏の『ポッパーさんとペンギン・ファミリー』が
原作になっています。
movie_03429.jpg




ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね

ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3412-396868ff