ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり

マン・アップ!
【制作年】2015年
【鑑賞】DVD
【制作国】イギリス・フランス
【上映時間】88分
【原題】MAN UP
【配給】ニューセレクト
【原作】- - - - -
【監督】ベン・パーマー
【出演】サイモン・ペッグ / レイク・ベル / ロリー・キニア / ケン・ストット
     ハリエット・ウォルター / オリヴィア・ウィリアムズ / シャロン・ホーガン


【あらすじ】
34歳のナンシーは、長年彼氏もできず家族に心配かけてばかり。年を重ねるに
つれて、理屈っぽくなり可愛げがなくなっているのは自分でもわかっている。そ
んな中、彼女は両親の結婚40周年パーティーに向かう途中で、ジャックという
男に声を掛けられる。待ち合わせの目印となる本を偶然持っていたことから、
ブラインドデートの相手に間違われてしまったのだ。これも出会いのチャンスと
思った彼女は、24歳の女子に成りすましデートをすることになるが、それは2人
の運命を左右するクレイジーな一日の始まりだった…!

movie_03232.jpg

サイモン・ベック主演のラブコメですが彼が主演のラブコメって珍しいですよね
この間見た『セレブ・ウォーズ』しかしりません、長年奔放に暮らしてきたヒロインは
その性格から長く彼氏もできずに半ばあきらめ状態のヒロインが両親の結婚記念
日の為に実家に戻る途中電車の中で向かいに座っていた女性から一冊の本を
もらいます。
彼女が駅のホームに去った後忘れ物に気がつき後を追いかけますが
追いつきません、そこである男性に呼び止められます
それが主人公でした。
movie_03233.jpg

そう彼女が本を持って待ち合わせていた男性というのは彼レだったのです
彼女にもらった本を持って彼女を追いかけているうちに待ち合わせの場所に偶
然立ち止まってしまったというわけですね、サイモンさん演じるジャックはそれに
気がつかずに一人で一気に話し始めるために誤解をとれずにいましたが
彼女の性格が勘違いされたままさっきの若い彼女のフリをしてデートを楽しむと
いう選択をしてしまいます。
movie_03234.jpg

意外に趣味があいお互い楽しみ惹かれますがとうとう正体がばれてしまいます
最終的には当然二人とも結ばれるのですが実際はふりをしてデートを始めて
数時間しかたっていないんですよね~
こういうことが全くないとは言いませんがちょっと現実的に無理がある気がします
中盤までナンシーにかなりいらつかされますよ
この件に関してはジャックが正しいです。そもそも人をだましてデートの邪魔をし
女性の出会いを邪魔したのはおまえだろという感じです
movie_03235.jpg

この展開で終盤ジャックは若いこと再会できデート押し切り直すのですが・・・
そこも違和感あったけどジャックがナンシーへの思に我慢できなくなったところで
彼女が応援し協力までし出すのはちょっと違う気がする・・・
そもそもデートして自分の本を売り込むのが目的でジャックとどうこうなろうという
気がない感じで印象が悪いです。
ナンシーとの出会いと会話の時点で印象悪かったしね
後吹き替えだと声優が酷いです。キャラに合っていないです。特にナンシーの
吹き替えをした人は声ががらがらで演技も下手なので耳障りでしかありませんで
した。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3436-93fff73f