ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ウィッカーマン (2005年)

ウィッカーマン
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】101分
【原題】THE WICKER MAN
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】ニール・ラビュート
【出演】ニコラス・ケイジ / エレン・バースティン / ケイト・ビーハン / フランセス・コンロイ
     リーリー・ソビエスキー / ダイアン・デラーノ


【あらすじ】
行方不明の娘を探すために、白バイ警官のエドワード(ニコラス・ケイジ)は孤島
サマーズアイルを訪れ、同島で娘が生活していた形跡を発見する。しかし、島民
たちは娘の存在を否定し、真実を語ろうとはしなかった。秘密めいた島民たちと
外界から閉ざされた孤島で捜査は難航するが、エドワードは島にまつわる驚が
くの事実を発見する。

映画史に残るカルト映画の傑作として高い評価を受ける73年の同名イギリス映画
をニコラス・ケイジ主演でリメイクした作品で残念ながらラズベリー賞に5部門もノミ
ネートされていました。
movie_03495.jpg

さてウィッカーマンは元はイギリス作品ですがウィッカーマンとはなにかちょっと
蘊蓄たれたいと思います(--)
北欧における古代ケルトにおける聖職者であるドルイド僧が人身供犠の際に用い
た巨大な木製の人型で頭部だけではなく全身模型として制作されていました。
ラストで登場した木で作られた人型の模型のことですねウィッカーマンと言う名前
の意味は「枝細工の人間」という意味です。
ではこのウィッカーマンを使ってドルイド僧はどんなことをしていたのかというと中
に多くの人間を押し込んで火をつけて焼き殺し火の神への捧げものにしていたそ
うです。
なのでタイトルとラストでの使い方に間違いはないんですね、残念なのは島の住人
がドルイド僧の教義を元に生活しているわけではないという点でそれはリメイクが
イギリスではなくアメリカだからウィッカーマンと言う古来の風習ドルイド僧の教義
を知らないからなんですね、間違いなく制作サイドはウィッカーマンの知識もなく
意味も分からずオリジナルがカルト的人気があるから単純にリメイクしちゃえと言
うのりだったと思うでなければ肝心要の部分を変えちゃったりはしないでしょう
島の閉鎖された不気味な空間というのはよく描かれてるとは思います。
彼らの服装や島には電化製品があまり無いと言う点でも島に渡ってからは50年代
アメリカという感じだった。
movie_03496.jpg

オリジナルとは違い本作は最後まで娘ローエンを探し助け出すと言う設定で主人
公が島の住人たちに感化するとうオリジナルの演出は無くしてました。
ラストに関しては確かに衝撃的なラストとは言えるけど今見てみるとそうでもない
のはリメイクだからかもしれないですね、ちょっと間延びもあるし怖さという点が
全然足りないのも難点だろうな~
movie_03497.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3438-4ac5176a