ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 インサイダー

インサイダー
【制作年】1999年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】158分
【原題】THE INSIDER
【配給】ポニーキャニオン
【原作】- - - - -
【監督】マイケル・マン
【出演】アル・パチーノ / ラッセル・クロウト / クリストファー・プラマー
     ダイアン・ヴェノーラ / フィリップ・ベイカー・ホール / ジーナ・ガーション


【あらすじ】
CBSの人気報道番組『60ミニッツ』のプロデューサーの元に匿名でタバコ・メーカ
ーの極秘ファイルが届けられた。彼はこの書類の意味を探し出し、やがてジェフ
リー・ワイガンドという「内部告発者」に出会う。それは、巨大な敵との壮絶な戦い
の始まりでもあった。

この話も実話を元にして作られた映画です。本当の正義とは何なのか、正義を貫
くとはどういうことなのか、彼らがそれを示してくれます。信じると言うことがどれほ
ど辛いことか、2人の男の信じる心が勝利をもたらします。
内部告発とうのは日本でも近年内部告発による企業の事件がニュースで取り上
げられるようになりました
公開当時はぴんときませんでしたが今ならよくわかる内容ですね、この作品は
公開当時劇場で鑑賞しています。
158分と凄く長い作品でしたが見入ってしまい長く感じなかったですね
長かったと実感できたのは帰宅時の駐車料金ですね・・・
この作品はたばこ産業の闇を描いています。
movie_03504.jpg

今ではすっかり喫煙者にはつらい世界になり逆にたばこの吸える場所がどんどん
『なくなっています』たばこ自体もどんどん音上がっていますね
結局のこところ喫煙者のマナーの悪さも原因かも一部のマナーの悪い喫煙者
ではなくほぼマナーの悪い喫煙者が多い気がします
私自身はたばこが大嫌いで世の中でなくなってほしい物の上位に入っています
もちろん個人ですけどね、喫煙者の住みにくい昨今ですがおそらくこれからはもっ
と酷くなっていくだけと思われます。
ストーリーがストーリーなので全体的に暗く重苦しい雰囲気だけど十分楽しめま
した
家族を犠牲にしても自分の正義を信じた男といちテレビ番組の敏腕プロデュサー
という肩書きを不意にしても自分の正義を押し通した男こんな男性にあこがれ
ちゃいます
TV局にまでおよんだ圧力にTV局は屈しましたがジャーナリスト達は屈しません
ジャーナリズム精神というのはこういうところだと思うのですが
ラストでTV局を去るアル・パチーノの背中がとてもかっこよかった。
あれが男の背中なんだなって思いました。
演技派のラッセル・クロウさんとアル・パチーノさんの演技は安心してみていられ
ます。
movie_03505.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3441-b6ceab6a