ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
2

【NOVEL】 深泥丘奇談・続々

深泥丘奇談・続々
著者:綾辻行人
出版社:KADOKAWA
初版:(2016年)
形態:単行本
単行本:- - - - -
他出版:なし
シリーズ:深泥丘忌憚シリーズ
ジャンル:ホラー


【あらすじ】
鬼才、綾辻行人の奇なる跳躍!“もう一つの、ありうべからざる京都”に住まうミス
テリ作家が遭遇する、奇天烈な怪異の数々。当惑と恐怖、驚愕と忘却の繰り返し
のうちに月日は流れ…ついに“世界”は、目眩く終焉を迎える―!?破格の怪談絵
巻、待望の第三集にして完結篇。

深泥丘忌憚もシリーズ完結だそうです。これまで同様連作短編になっていて
主人公が現実とも幻覚ともとれる言い回しで体験する忌憚をまとめています。
何か体験しても全部『~ようなきがする』で台詞が閉じられる曖昧な感じが
最後まで続いていますね、最後となる『ねこしずめ』では結局何がなにやら
島感じで最後まで確定的なエピソードがない点がこのシリーズの特徴なのか
も、読む方によってはフラストレーションがたまる作品ですね
シリーズ最後にはあにかしら判明すると思ったのにこれで終わるのかよ!
と思ったら作者の思惑通りなのかもしれませんよ~
ここに至って怪現象には無頓着だった奥さんがこの作品では関わってきて
最後の『ねこしずめ』では大いに関係してきます。
結局のところこのシリーズはなに?と聞かれても明確な回答が思いつかない
そんな不思議なシリーズでした。
『猫密室』は読んでみたいですね~



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ


該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

nanaco says..."このシリーズ、結構好きです"
ねむりねこさん、こんにちは!

深泥丘シリーズも、とうとう完結ですね。
最初は何だかオチもないし、中途半端~なんて思っていたんですが(笑)
読み進めるうちに、だんだんとこの雰囲気がクセになってきて、
この3作目では終わるのが寂しいような気持ちです(´・ω・`)

作品同士が微妙にリンクしていたりして面白いですよね。
また1作目から読み返したら、新たな発見があるかも!?という気がします。

『ねこしずめ』想像してしまって、なんだか笑ってしまいました。
『猫密室』は私も読んでみたいです!
2016.09.24 16:01 | URL | #- [edit]
ねむりねこ says..."nanacoさんコメントありがとう"
このシリーズいよいよ終わってしまいましたね、オチのない短編の連作で
最終作でもオチがないという結局どういう世界観だかわからないままで
ちょっとイヤイヤ完結してないし!
って突っ込んじゃいますよね、でもま~最後まで曖昧なのはなんなく
納得しちゃいますね(^^;

ねこしずめも猫密室も思わず想像しちゃって楽しいですよね
2016.09.25 19:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3458-c62eeb05
『深泥丘奇談・続々』綾辻行人
深泥丘奇談・続々 (幽BOOKS) 綾辻 行人 KADOKAWA/角川書店 2016-08-01 売り上げランキング : 117276AmazonKindle楽天ブックス by ヨメレバ 【内容情報】(「BOOK」データベースより) ...