ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ラッキーガール

ラッキー・ガール
【制作年】2006年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】103分
【原題】JUST MY LUCK
【配給】20世紀フォックス
【原作】- - - - -
【監督】ドナルド・ペトリ
【出演】リンジー・ローハン / クリス・パイン / フェイゾン・ラヴ / サミーラ・アームストロング
     ブリー・ターナー / ミッシー・パイル / マッケンジー・ヴェガ


【あらすじ】
幸運の持ち主アシュレーと不運のジェイクは仮装パーティーで出会い、お互い
顔も名前もわからないままキスをしてしまう。すると二人の運命は入れ替わっ
てしまう。再び同じ男性とキスをすれば運を取り戻せると知った彼女は、不運
な生活の中で、やがて心優しい青年に出会う。少しずつ彼に惹かれていった
彼女だったが、その青年こそが、パーティーでのキスの相手、ジェイクだった…。

2007年ラジー賞の最低主演女優賞にノミネートされた本作のリンジー壌、いった
いどれほどのものか見てみたけど・・・・
ラジーに選ばれるほど酷くないんですが?いったい何を基準に選んだのか不明
運が入れ替わってトコトン悪いことが起きて身なりもまるでホームレスのようにな
ったから?
まあよくわからないし彼女のファンというわけではないけどラジー賞にノミネートす
るほどの作品じゃないです。
酷い作品は腐るほどあるのになぜ普通の作品や人が選ばれるのか不思議だ、
ようは審査委員が単純に気に入らないというりゆうでしょ?
この作品はめちゃめちゃ運のよい女性と呪われてるのかごとく悪いことになってし
まう青年とのラブコメです。
movie_03634.jpg

ラッキーとアンラッキーのさが激しすぎなんだよね、だから面白いんだろうけど
最終的には中間で落ち着くのかなと思ったら他人につきをあげちゃった。
しかしキス一つでこうもくるくる変わるって言うのも面白いね・・・
ジャンルは違うけど「ファイナル・デスティネーション」思い出したよ、アンラッキー
の青年がとにかくいいやつだった
あれだけ毎日不幸な目に遭っているのに優しい心を持ってるし自分が幸運に
なって上に上がってもおごることなく前と変わらない、だからアシュレーも好き
になったんだろうね、生まれてづっと自分の都合のいいように動く世界で育った
アシュレーはいつの間にかそれが当たり前だと思っていた。
movie_03632.jpg

だから入れ替わったとき取り乱し自分の幸運を取り戻そうと気が狂ったかの
ように動いたんだね、まあアンラッキーな作用も度が過ぎるんだけど(苦笑)
ジェイクと知り合いお金も地位も持っている彼が親切で優しく面倒見がよい彼
とつきあううちに彼女の中でかなり変化があったみたいだ、そういう意味でも
ラストは二人でアンラッキーのまま一緒にいることを選んだのはよかったね
逆に度が過ぎる幸運をもらった少女が今後かわいそうな気がする
movie_03635.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3523-bca97f77