ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 スリーメン&リトルレディー

スリーメン&リトルレディー
【制作年】1999年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】107分
【原題】THREE MEN AND A LITTLE LADY
【配給】ウォルトディズニー・スタジオ
【原作】- - - - -
【監督】エミール・アルドリーノ
【出演】トム・セレック / スティーヴ・グッテンバーグ / テッド・ダンソン
    ナンシー・トラヴィス / ロビン・ワイズマン / クリストファー・カザノフ


【あらすじ】
5歳になったメアリーは、母親のシルヴィアとその恋人と3人でイギリスへ発つ。
残されたパパたちは黙って見送ったはずだったが、寂しさがつのり彼女らの元
に向かうことを決意する

前作から5年後を描いた続編でメアリーも5歳の少女に成長しています。
こうなってくるともちろん売りが違ってくるわけで前作は突然羅割れた生後3ヶ月の
赤ちゃんを子育てもしたことがない中年男三人が奮闘しながら赤ちゃんに愛情を
感じていくというコメディでした
今回は赤ちゃんも5歳の少女絵と成長し全く玉が掛からないわけではないけれど
自分の意思を持った立派な女の子に成長し手間が掛からなくなってきています
movie_03647.jpg

もちろん母親のシルヴィアがいることで3人に負担が掛からなくなっており子育ての
苦労で笑いを取るという部分が難しくなっていますね、こうなってくると結局
3人のリーダーともいえるピーターとシルヴィアが密かに愛情を感じていながら
何ともできないもどかしさを描くことでストーリーの軸にしています。
前作はコメディでしたが完全にラブコメになってるんですね、メアリーと3人のパパ
ではなくピーターとシルヴィアがメインになっています
movie_03646.jpg

お互いが素直に愛情を語らない者だから結局演出家のエドワードと結婚しようと
するシルヴィアは彼の故郷のイギリスへメアリーと一緒に行っちゃいます。
メアリーに会えない寂しさから結局参加しないと決めていた結婚式へ乗り込んで
しまうわけですね、結局のところコメディからラブコメになっちゃったために弊害も
マイケルの存在感がなく出番も少ない感じです。
シルビアも年で精神的に成長しているものの自分勝手なわがままダメ女であるこ
とは変わりません、彼女に振り回されているかんじで確かに彼女の言い分も理解
できるのだけど薄っぺらい、なぜなら一度生後6ヶ月のメアリー捨てているのだから
結局おまえが何に言ってんの?という気分になっちゃうんだよね
全体的に可もなく不可もなくで続編だと考えるとハズレではあるそんな作品でした
movie_03648.jpg

どうやら今更続編が制作されるとか今度は立派な大人になったメアリーが結婚する
という内容だそうです。
グッテンバーグさんとトム・セレクさんとダンソンさんで企画していて脚本とタイトルは
できているらしいですが後はどこの配給会社が名乗りを上げるかってところでしょう
か、今更感はありますし最悪はオリジナルビデオになっちゃうかも?
私個人ももう続編は・・・って感じです
2作目がこの内容ですと1作目で完結して他方が収まりが良かったのでは?
って思っています。
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3524-0d30d848