ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ジャックとジル

ジャックとジル
【制作年】2011年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】91分
【原題】JACK AND JILL
【配給】ソニー・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】デニス・デューガン
【出演】アダム・サンドラー / ケイティ・ホームズ / アル・パチーノ / エウヘニオ・デルベス
     デヴィッド・スペード / ニック・スウォードソン / ティム・メドウス


【あらすじ】
広告マンのジャック(アダム・サンドラー)は、妻(ケイティ・ホームズ)と2人の子
どもたちと一緒にロサンゼルスで優雅に暮らしている。彼にはニューヨークで
暮らす双子の妹ジル(アダム・サンドラー)がいて、毎年感謝祭の休日を一緒
に過ごすことになっていた。だが、彼はいつもこの邪気のない妹の破天荒な言
動に振り回されており……。

この年のラジー賞を総なめにしたアダム・サンドラーが双子の兄妹を二役した
コメディー作品です。
もともと日本ではアダム・サンドラーが過小評価されていると思うんですよね
役者としての演技力もあるし独特のコメディセンスも好きなんだけど、もともと
日本ではアメリカのコメディーを映画館で見るということをしないためによほど
の大物俳優が多く出演していない限りは劇場公開しないんですよね、ビデオ
スルーになるのは仕方がないとは思うものの、近年有名俳優が出演してい
ても配給会社がマイナーだったりして吹き替えがひどいということもあります。
この作品はラジー賞を総なめにしたということがかえってよかったのかソニー
ピクチャーズさんのほうから配給されていますね
内容はよくできた兄と残念な双子の妹をアダムさんが一人二役して笑いを
取るという感じです。
movie_03730.jpg

毎年感謝祭に招かれるジルですが自由すぎるというか行動や言動が破天荒とい
う感じで単純に見ると痛々しいけどどこか憎めない感じで友人として付き合う分
には楽しと思う、多少下品なシーンはありますが全体的に兄妹・家族のあり方が
描かれている感じでよかったです。
何を持ってラジー賞を取ったのか意味がわかりませんけど実際問題ラジー賞に
ノミネートされてる作品よりひどい映画って山ほどあるんですけどね~
でもラジー賞のいいところは本当に一般鑑賞者が選ぶ賞というものなので実際
オスカーよりも逆に価値があるんじゃないかと思えます。
ジルがなんだかんだでジャックの家族や友人たちから愛されてるなって伝わって
きます。
movie_03731.jpg

ジャックの娘が自分と同じ姿に人形を着せ替えるのがなんだか好きですね、息子
も実の子供じゃないけど家族が受け入れてるし彼もジャックたちを慕っているの
も伝わってくるし意外と楽しめました。
ハムスターとオウムを背中に貼り付けてるのは面白かったけど動物愛護団体が
クレーをつけそうですね
結局ラジー賞って一般のかたにもっとも愛されてる賞ってことじゃないの?
そういえば終わってみればアル・パチーノにおいしいところ持って行かれたかんが
あるよね(笑)
大物俳優ってたまにコメディ作品に出演するとはじけてるのが見ていてわかります
アルさんも生き生きしていましたね
movie_03732.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3556-528a9856