ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 パニック・マーケット

パニック・マーケット
【制作年】2012年
【鑑賞】DVD
【制作国】オーストラリア
【上映時間】89分
【原題】BAIT
【配給】松竹
【原作】- - - - -
【監督】キンブル・レンドール
【出演】ゼイヴィア・サミュエル / フィービー・トンキン / シャーニ・ヴィンソン
     エイドリアン・パン / チー・ユーウー


【あらすじ】
突如起こった大洪水。一軒のスーパーマーケットに、13人の生存者たちが取り残
されていた。浸水した店内には高圧電線が垂れ下がり、水中からどう猛な人食い
ザメが襲い掛かるなど、絶体絶命の状況に追い込まれていた。しかも13人の中に
強盗犯、殺人犯が紛れ込んでいることが判明し、地獄のような店内から彼らは命
懸けで脱出を図るが……。

いかにもB級タイトルでジャケデザインでだいぶん損している作品ですね、内容は
十分予算を取った作品で映像もお金かかっていますし見応え十分でした
舞台は水没したスーパーの店内ではあるけどサメなど実物?みたいだし結構グ
ロい描写が多かったですしね、そういうシーンもしっかり特殊メイクが施されてい
るし気合いが入っていると思われます。
movie_03746.jpg

物語は突然発生した大地震その後大津波が襲ってきて主人公たちがすんでいる
海岸線を飲み込みます。
大型スーパーでバイトしている主人公は奇跡的に助かります
ほかに数名の生存者が居ますが地震の影響で出口がふさがれ中は水没してお
り商品棚の上で水をしのぎますが店内には1匹の巨大なホオジロサメが、また
地下駐車場にも生存者がいますが地下にもサメが・・・サメが執拗に生存者を襲
ってきます
movie_03747.jpg

店内から外に脱出しようとするたびに一人ずつ死んでいくという内容ですね
サメがメインのパニック作品とはちょっと違う感じですが店内から脱出しようとする
サバイバルパニックというところでしょうか
低予算のサメ系パニック作品より数段面白い作品でした。
鮫に襲われた時と後のシーンは苦手な方には結構きつい描写なので注意してく
ださい・・・
地下に閉じ込められていたバカップルの女性も魅力的でした基本おバカ
だけど憎めないおバカさんですね、個人的には好きです。
感覚的には派手さはないエロなしの『ピラニア』といったところでしょうか、B級映画
を見ない人はスルーしそうなジャケットですが個人的にはよくできているし映像も
ちゃんとしてるのでお勧めです。
movie_03748.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3563-3a155d9b