ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 ミート・ザ・ジェンキンズ

ミート・ザ・ジェンキンズ
【制作年】2008年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】114分
【原題】WELCOME HOME, ROSCOE JENKINS
【配給】ユニバーサル・ピクチャーズ
【原作】- - - - -
【監督】マルコム・D・リー
【出演】マーティン・ローレンス / ジェームズ・アール・ジョーンズ
     マーガレット・エイヴリー / ジョイ・ブライアント / モニーク


【あらすじ】
人気TV司会者・スティーヴンスは彼女・ビアンカを連れて故郷へ帰省する。町に
着くなり従兄弟のレジーと再会した彼は、秘密にしていた当時のダサいあだ名で
呼ばれてしまい…。

マーティン・ロレンス主演のファミリーコメディ作品です。TVの司会者としてアメリカ
でも有名なRJ同局内の番組サバイバーにて女性ながら卑怯な手で生き残り続け
全米女性のひんしゅくを買っているビアンカと婚約し9年前に家を飛び出しここまで
成功した自分を勝ち組だと信じていた。
両親とくに父親とは折り合いが悪く9年間実家には戻らなかった彼が両親が結婚
50周年ということで親戚を集めてパーティをすると言うことになり嫌々ながらも前妻
との間に生まれた男の子とビアンカとともに帰省するのでした。
movie_03760.jpg

9年ぶりに帰ったRJと個性豊かな兄妹たちとのどたばたそして血はつながってない
孤児として家でそだてられた クライドとの確執なんでもRJの上をiき彼との競争は
たった一つを残して全部彼が勝ってきた要領よく悪知恵も働くので上手い具合に
生きていていまも車の販売で成功を収めている
が・・・子供時代は完全に負け組でクライドのせいで父親からも厳しくされクライドは
逆に気に入られていたために彼は父親にたいして不公平な扱いを受けたと思い込
んでいました。
movie_03758.jpg

それが原因で父親からそして家族からも一歩引いてしまったわけです。
今回自分の息子を連れて帰ってきたのだけどRJが実家で息子に見せる態度や行
動は正直父親にないがしろにされたと思い込んだ自分と境遇が似てしまっているこ
とに気がついていなかった。
クライドの存在が息子を忘れさせないがしろにするそして息子は父親からは愛され
ていない自分のことを全く考えていないのではないかと思わせてしまいます。
自分が息子と同じ年の頃自分が父親がクライドに見せる態度に不信感を持ったよ
うに自分も息子にたいして同じ事をしてしまっている、息子は父親とのふれあいを
望んでいるのに仕事の忙しさを理由に一緒にいる時間を削ってしまっていた。
あくまでもファミリーコメディなので笑いもあるのだけど本質てきには父親とのわだ
かまりそして誤解をとくいじめられてきた家族たちとの和解を描いてます。
ビアンカは勝ち組に載ったと思い込んだわがままセレブを全開に出していき家族か
らも嫌われていきます。
そういう部分も楽しめたかも、RJのお兄さん役はマイケル・クラーク・ダンカンさん
したよ
movie_03759.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3567-5461ed29