ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 死霊館 エンフィールド事件

死霊館 エンフィールド事件
【制作年】2016年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】134分
【原題】THE CONJURING2
【配給】ワーナー・ブラザーズ
【原作】- - - - -
【監督】ジェームズ・ワン
【出演】ヴェラ・ファーミガ / パトリック・ウィルソン / フランシス・オコナー
     マディソン・ウルフ / サイモン・マクバーニー / フランカ・ポテンテ


【あらすじ】
ロンドン北部に位置するエンフィールドで、4人の子供とシングルマザーの家族は
正体不明の音やひとりでに動く家具が襲ってくるなど説明のつかない数々の現
象に悩まされていた。助けを求められた心霊研究家のウォーレン夫妻(パトリ
ック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)は、一家を苦しめる恐怖の元凶を探るため
彼らの家に向かう。幾多の事件を解決に導いた夫妻ですら、その家の邪悪な
闇に危機感を抱き……。

movie_03837.jpg

『死霊館』の正式な続編になります。前作の『アナベル』はスピンオフでした。
前作に続きウォーレン夫妻が解決した心霊事件の映画化になりますよ
イギリスのエンフィールドにある2階建ての古い家が舞台になりここに住む
4人の親子に心霊現象が襲いかかるという内容で現地の心霊研究家では
どうにもならずにウォーレン夫妻の元へ教会から調査の依頼がくることで
ウォーレン夫妻が関わるという内容です
その前から夫がシスターの悪霊に狙われている夢を見続けていたため
もう心霊現象とは関わらないように使用としていました。
調査だけの名目で今回の事件に巻き込まれてしまいまさに悪霊に夫が殺
されるのがこの家だとしり・・・
movie_03838.jpg

悪霊が末娘に取り憑いて様々な現象を起こすという『エクソシスト』的な
演出で描かれておりポルターガイストや元の家の持ち主の老人の霊が
現れたりと全体的に盛り上げてくれます。
最初から心霊現象が派手目で飽きさせてくれないのがいいですね
パラノーマルシリーズなどはとにかく退屈でしたから
movie_03839.jpg


悪霊と思われてた正体は悪魔ヴァラクでした。
30の軍団を率いる序列62番の地獄の大総裁という地位の悪魔でかなりの
上位の悪魔となります。
そんな悪魔がこの程度のわけがないって感じですが・・・
本気で人間界に関わってきたら人間ではとうてい太刀打ちできないでしょう
ね、キリスト圏でのエクソシズムは悪魔の名前を唱えると追い払えこのような
大悪魔でも正体を知り名前を唱えれば追い返せるらしいです。
自分から名前を示唆するような馬鹿なまねするわけないんですけどね~
という突っ込みをしてました。
movie_03840.jpg

それ以外は前作同様ホラー映画としては楽しめました
ロレインを演じているヴェラ・ファーミガさんは相変わらず魅力的な女優さん
ですし
さて実話を元といういじょう気になるのは本当の事件はどういったものなのか
ってところですが実は映画とは全然違います
世界的にも本物と認められたというのはあってますが実はエンフィールド事件
はポルターガイスト現象の最長期間を記録した事件でその現象の数々も
眉唾物ではなく本物で目撃者多数だったり実際に目の前で大きく動いたり
映画的な現象が起こっていたようです
もちろん映画のような大悪魔は関わっていません・・・
そしてポルターガイストは最長期間を記録しましたがある日突然やんだそうです
では映画のエンディングで流れた実際の取り憑かれた少女の声の音声は何な
のか?
movie_03841.jpg

実際にところは関わり合った当事者じゃないとわからないことですね
そして以外と映画のようにウオーレン夫妻が全面的に関わっているわけではなく
映画にも登場している、モリス・グロスとガイ・ライアン・プレイフェアの二人だけで
事件を調査したようです
死霊館シリーズに入れなければ彼らが主人公の映画になっていたはずです。
これが実話ですね
またオープニングのアミティビル事件は最も有名な実話でこちらはちゃんと
ウォーレン夫妻が関わっていますではなぜこちらを映画化しないの?
と思われますが実は何度も映画化されているほど有名な話です
知ってる人が多いはずです映画では『悪魔の棲む家』がまさにアミティヴィル
事件になります。
1979年に制作されていますがまあこちらも実際の事件を脚色されているよう
ですね、2005年にリメイクされてもいます
この『死霊館 エンフィールド事件』を見てオープニングのアミティヴィル事件に
興味がわかれた方は『悪魔の棲む家』を鑑賞されてはいかがでしょう?
movie_03842.jpg



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3573-af638e8f