ねむりねこのゲームと本と映画のお部屋

ねむりねこが大好きなレトロゲームと小説と映画のお話です。
0

【MOVIE】 オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キル
【制作年】2014年
【鑑賞】DVD
【制作国】アメリカ
【上映時間】113分
【原題】EDGE OF TOMORROW
【配給】ワーナー・ホーム・ビデオ
【原作】桜坂洋:著 『All You Need Is Kill』
【監督】ダグ・ライマン
【出演】トム・クルーズ / エミリー・ブラント / ビル・パクストン / ブレンダン・グリーソン
     ジョナス・アームストロング / トニー・ウェイ / キック・ガリー


【あらすじ】
近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちで
きなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クル
ーズ)は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘
と死を繰り返す。そんな中、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)
と出会ったケイジは、彼女と一緒に何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術
を向上させ……。

原作は日本のライトノベルだそうですが知らない、その点は映画と原作を比べる
必要がないので純粋に映画を楽しめました。
敵の血?を浴びたことで死んだらリセットされてやり直せる体になった主人公が
ラスボスを倒すまでに何千回何万回とやり直しているんでしょうね、疑問なのは
どのポイントで死んでもやり直す場所は一緒というのはなぜ?
まあいいや、しかしたった一日の中でこれだけ繰り返しちゃうと発狂しちゃうよね
毎回痛い思いをして死なないといけないし、10回超えたら最初の部分はもううん
ざりだよ(^^;
へたれな主人公が何度も繰り返すうちに鍛えられて成長していき強くなっていく
というのは納得できました。
しかしラストだけなぜやり直しポイントが違うんだろう?
この作品はトムさんにあっていたのかな?
なんか役がぴったりだったように思えます。



ブログランキングに協力してくださるとうれしいです。この記事が気に入ってください
ましたらポチッとお願いしますね


ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://neneko1124.blog.fc2.com/tb.php/3591-b1ded401